《きょうの料理》里芋とかにかまのマヨ卵焼き(秋野菜使いきり – 里芋:杉本節子)

卵料理
スポンサーリンク

2020年9月30日に放送されたきょうの料理で紹介された里芋とかにかまのマヨ卵焼きのレシピです。

里芋とかにかまのマヨ卵焼き

里芋とかにかまのマヨ卵焼きは、里芋を香ばしくマヨネーズで炒め、卵とかにかまと三位一体となった一品です。

スポンサーリンク

 

材料(2人分)


☑ 蒸しゆで里芋《レシピはこちら》3個(150g)
☑ かにかまぼこ 4本(70g)
☑ 玉ねぎ ⅙個(40g)


☑ 卵 3個
☑ 顆粒チキンスープの素(洋風)小さじ½
☑ 塩 少々
☑ こしょう 少々


☑ マヨネーズ 大さじ2
☑ 塩 適量
☑ こしょう 適量


☑ サラダ油 大さじ1½


☑ パセリ(みじん切り)適宜

 

作り方

STEP.1 下ごしらえ

① 蒸しゆで里芋は、4~6等分のくし形に切る。

② かにかまぼこは、1.5㎝長さに切って繊維をほぐす。

③ 玉ねぎは、1.5㎝角にカットする。

④ ボウルに卵を割り入れ溶きほぐす。顆粒チキンスープの素(小さじ½)・塩(少々)・こしょう(少々)を加え混ぜ合わせる。

STEP.2 炒める・焼く

⑤ フライパンにマヨネーズ(大さじ2)を入れてから中火にかける。マヨネーズが少し溶けてきたら里芋・塩(適量)・こしょう(適量)を加え、少し焼き付けるように炒める。

⑥ 里芋が色づいてきたらかにかまぼこ・玉ねぎを加え、サッと炒め合わせる。

⑦ サラダ油(大さじ1½)を加え、溶いた卵を流し入れる。全体を大きくかき混ぜ、蓋をして1分間蒸し焼きにする。

⑧ お皿に盛り付け、お好みでパセリを散らしたらできあがり。

スポンサーリンク

一緒に紹介された「里芋」レシピ

里芋の蒸しゆで:フライパンを使い皮ごと里芋を蒸しゆでにすることで皮がむきやすくなり、味も絡みやすくなり料理が楽に進められます。

里芋とほうれんそうのごまびたしは、根菜の里芋を葉野菜のほうれん草を合わせた浸して漬けるだけの簡単料理です。

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮は、鶏肉の旨味をまとわせるように里芋を炊き上げた煮物です。

里芋のパン粉焼き しみソースカレー風味は、いもの粘りだけでパン粉をぎゅっとまぶしてこんがりと揚げ焼きにした里芋まるごとコロッケです。

「秋野菜使いきり – れんこん」で紹介されたレシピ

 

「秋野菜使いきり – ごぼう」で紹介されたレシピ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました