《きょうの料理》里芋の蒸しゆで(秋野菜使いきり – 里芋:杉本節子)

2020年9月30日に放送されたきょうの料理で紹介された里芋の蒸しゆでのレシピです。

里芋の蒸しゆで

フライパンを使い皮ごと里芋を蒸しゆでにすることで皮がむきやすくなり、味も絡みやすくなり料理が楽に進められます。

 

材料


☑ 里芋 適量

 

作り方

① 里芋の泥をきれいにたわしでこすり洗ってから深めのフライパンに重ならないように並べ入れる。里芋がかぶるくらいの水を注ぎ、蓋をして強めの中火にかける。

② 沸騰したら中火にして、20~25分間茹でる。

③ 里芋に竹串がスーッと通る状態になったらザルにあげ、約10分間おいて粗熱を取る。

④ 料理にすぐ使う場合は、里芋に包丁の刃をひっかけるようにして皮をむく。

 

Note
  • 茹でている途中でお湯が少なくなる場合は、少しお湯を足して里芋に火を通す。
  • 蒸しゆでした里芋は、皮付きのまま冷ましてからジッパー付きの保存袋に入れ、冷蔵庫で約1週間・冷凍庫で約3週間保存可能。冷凍した場合は自然解凍し、表面が少し溶けてきたら皮がむけます。

一緒に紹介された「里芋」レシピ

里芋とほうれんそうのごまびたしは、根菜の里芋を葉野菜のほうれん草を合わせた浸して漬けるだけの簡単料理です。

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮は、鶏肉の旨味をまとわせるように里芋を炊き上げた煮物です。

里芋とかにかまのマヨ卵焼きは、里芋を香ばしくマヨネーズで炒め、卵とかにかまと三位一体となった一品です。

里芋のパン粉焼き しみソースカレー風味は、いもの粘りだけでパン粉をぎゅっとまぶしてこんがりと揚げ焼きにした里芋まるごとコロッケです。

 

「秋野菜使いきり – れんこん」で紹介されたレシピ

 

「秋野菜使いきり – ごぼう」で紹介されたレシピ
タイトルとURLをコピーしました