《きょうの料理》里芋とほうれんそうのごまびたし(秋野菜使いきり – 里芋:杉本節子)

2020年9月30日に放送されたきょうの料理で紹介された里芋とほうれんそうのごまびたしのレシピです。

里芋とほうれんそうのごまびたし

里芋とほうれんそうのごまびたしは、根菜の里芋を葉野菜のほうれん草を合わせた浸して漬けるだけの簡単料理です。

 

材料(つくりやすい分量)


☑ 蒸しゆで里芋《レシピはこちら》 3個(150g)
☑ ほうれん草 150g


☑ だし カップ½
☑ みりん 小さじ2
☑ 薄口醤油 小さじ1
☑ 塩 小さじ⅕


☑ すりごま(白)大さじ2

 

作り方

STEP.1 下ごしらえ

① 蒸しゆで里芋は、4~6等分にカットする。

② ほうれん草は、塩(少々)を加えた湯でサッと茹で、アクを取るために水にとり30分間おく。その後、水気を絞り3㎝長さにカットする。

STEP.2 ひたし地

③ バットにだし(カップ½)・みりん(小さじ2)・薄口醤油(小さじ1)・塩(小さじ⅕)を入れ、よく混ぜる。

④ すりごま(大さじ2)を加える。

STEP.3 漬ける

⑤ 切った里芋をくっつかないように入れ、里芋の間にほうれん草を加える。

⑥ ラップを密着するようにかぶせ、30分間以上浸して味をなじませたらできあがり。

Note
  • みりんのアルコールが気になる場合は、煮切ってから使いましょう。
  • 保存容器に入れて漬け、1~2日めに食べてもOK。

一緒に紹介された「里芋」レシピ

里芋の蒸しゆで:フライパンを使い皮ごと里芋を蒸しゆでにすることで皮がむきやすくなり、味も絡みやすくなり料理が楽に進められます。

里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮は、鶏肉の旨味をまとわせるように里芋を炊き上げた煮物です。

里芋とかにかまのマヨ卵焼きは、里芋を香ばしくマヨネーズで炒め、卵とかにかまと三位一体となった一品です。

里芋のパン粉焼き しみソースカレー風味は、いもの粘りだけでパン粉をぎゅっとまぶしてこんがりと揚げ焼きにした里芋まるごとコロッケです。

 

「秋野菜使いきり – れんこん」で紹介されたレシピ

 

「秋野菜使いきり – ごぼう」で紹介されたレシピ
タイトルとURLをコピーしました