《あてなよる》大原千鶴「鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜」ビターbitterで呑む

鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜

2021年11月25日に放送されたあてなよるで紹介された大原千鶴さんの鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜のレシピです。

「鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜」大原千鶴

「鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜」大原千鶴

鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜は、苦みを緩和させたレバーベースとにつぶしたコーヒー豆で苦みと香ばしさをプラス! 食感のアクセントにもなっています。

材料(作りやすい分量)

  • 鶏肝 120g ※血抜き後の正味

  • 塩水 300㎖

  • 水 500㎖

  • 酒 大さじ2
    ………

  • 生クリーム 50㎖

  • バター 20g

  • 塩 小さじ¼

  • にんにく(薄切り)少々
    ………

  • お好みのパン 適量

  • コーヒー豆 適量

  • ピンクペッパー 適量

作り方

  • 下処理
    鶏肝は、スジを取り除き、一口大にカットする。血の部分をきれいに洗い、塩水(300㎖)に20分間ほどつけて血抜きをする。
  • 鍋に水(500㎖)・酒(大さじ2)を入れ、中火にかける。沸いたら水気を切った鶏肝を入れ、再び沸騰する直前に火を止める。蓋をしてそのまま15分間おいておく。

    ………
  • レバーペースト
    フードプロセッサーに鶏肝を水気を切って入れる。バター(20g)・塩(小さじ¼)・にんにく(少々)・生クリーム(50㎖)を加え、なめらかになるまで攪拌する。
  • 器に移し、冷蔵庫で冷やす。

    ………
  • 仕上げ
    お好みのパンを食べやすくカットし、トーストする。
  • コーヒー豆は、つぶす。
  • レバーペーストにコーヒー豆をふり、お好みでピンクペッパーをのせる。トーストしたパンを添えたらできあがり。パンに塗っていただきます。

番組情報

番組名あてなよる
放送日2021年11月25日
料理名鶏レバーペースト〜コーヒー豆の苦味を添えて〜
料理人大原千鶴

「ビターbitterで呑む」その他のレシピ

苦いコロッケ〜セロリの葉のコロッケ〜は、じゃがいもにセロリの葉やレモンの皮を加えたたねに衣をつけて揚げた香り豊かなコロッケです。

牛肉のミスジのタリアータ〜焼いたチコリを添えて〜 は、イタリア・トスカーナの代表的料理、タリアータ(ステーキの薄切り)に焼いたチコリを添え、煮干しでつくったソースでいただく一品です。

小鮎の稲庭ベーゼは、ゴーヤの苦みと小鮎の苦み、2つの違った苦みを楽しめる一品です。

大原千鶴さんの人気レシピ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる