《あてなよる》大原千鶴「リアル鯛焼き」鯛で呑む

リアル鯛焼き

2022年3月3日に放送されたあてなよるで紹介された大原千鶴さんのリアル鯛焼きのレシピです。

「リアル鯛焼き」大原千鶴

Course: 和風Cuisine: 焼き物

リアル鯛焼きは、鯛の旨味たっぷりのふっくらと焼き上げた鯛焼きを柚子こしょうを加えたバターでいただく一品です。

材料(2個分)

  • 鯛のスープ
  • 鯛の頭(あればアラも)1尾分(約700g)

  • 塩 適量

  • 水 1600㎖程度

  • 酒 80㎖程度


  • 生地
  • 小麦粉 100g

  • ベーキングパウダー 4g

  • 鯛のスープ 130㎖

  • 鯛のアラのほぐし身 60~80g


  • 柚子こしょうバター
  • バター(常温に戻しておく)15g

  • 柚子こしょう 少々

作り方

  • 鯛のスープ
    鯛の頭にたっぷりの塩をまぶし、10分以上おく。
  • 熱湯にくぐらせ、ザルにあげて水気を切る。
  • 鍋に鯛の頭を入れ、かぶるくらいの水(1600㎖程度)・酒(80㎖程度)を加えて中火にかける。
  • 沸いたらアクを取りながら、15分ほどグラグラと煮る。
  • 鯛を取り出し、頭・アラについた身を手でほぐす。
  • 煮汁を濾す。

    ………
  • 生地
    ボウルに小麦粉(100g)・ベーキングパウダー(4g)を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
  • 鯛のスープ(130㎖)を加え、混ぜる。
  • 鯛の頭・アラからとったほぐし身を加え、混ぜる。

    ………
  • 焼く
    生地を温めておいた鯛焼き器に流し入れ、10分間ほど焼く。

    ………
  • 柚子こしょうバター
    常温に戻しておいたバター(15g)に柚子こしょう(少々)を加えて混ぜる。

    ………
  • たい焼きをお皿に盛り付け、柚子こしょうバターを添えたらできあがり。

番組情報

番組名あてなよる
放送日2022年3月3日
料理名リアル鯛焼き
料理人大原千鶴

「鯛で呑む」その他のレシピ

鯛の簡単カルパッチョは、淡泊ゆえに上品とされる鯛の刺身にオリーブ油で和えた昆布の佃煮を加えることで風味や旨味をプラスした一品です。

鯛の天ぷら・鯛皮せんべい~文旦のタルタルソース~は、サクサクした衣の鯛の天ぷらとパリパリに焼いた鯛の皮を文旦を加えたタルタルソースでいただく一品です。さっぱりとした甘さと酸味のある文旦のソースが鯛と相性抜群です。

鯛にゅうめんは、牛乳を加えてコクとマイルドさをプラスした〆にぴったりのやさしい味わいの一品。鯛のほぐし身でつくったそぼろをのせた鯛めしにかけて食べるのもおすすめです。

《あてなよる》大原千鶴さんの○○で呑む!紹介されたレシピ一覧

大原千鶴さんのレシピ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる