《あさイチ》浅利妙峰「浅利さんのたまねぎ麹」(米麹の新たな使い方)

浅利さんのたまねぎ麹

2021年12月6日に放送されたあさイチで紹介された浅利妙峰さんの浅利さんのたまねぎ麹のレシピです。

「浅利さんのたまねぎ麹」浅利妙峰

「浅利さんのたまねぎ麹」浅利妙峰

浅利さんのたまねぎ麹は、玉ねぎの旨味を存分に引き出しており旨味たっぷり!様々な料理に使えます。

材料(作りやすい分量)

  • 米麹(生)300g

  • 塩 100g

  • 玉ねぎ 400g

    ※重さの比率は、米麹 3:塩 1:玉ねぎ 4

作り方

  • 米麹(300g)をボウルに入れ、手でやさしくほぐす。
  • 塩(100g)を加え、握るようにこねて香りが立つまで揉み合わせる。
  • 玉ねぎ(400g)をすりおろして加え、しっとりとするまで混ぜる。
  • ラップをし、常温で10日間ほど発酵させる。
    ※発酵期間は、温かいところに置いている場合は10日、寒いところ に置いている場合は2週間が目安。
  • 清潔な保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。

Notes

  • 浅利さんのたまねぎ麹:冷蔵庫で約3か月間、保存可能。

番組情報

番組名あさイチ
放送日2021年12月6日
料理名浅利さんのたまねぎ麹
料理人浅利妙峰

「米麹の新たな使い方」紹介されたレシピ一覧

おからの一晩発酵みそは、米麹とおからの栄養をたっぷりとれる味噌!発酵時間が短いため腐敗する心配がほとんどなく、通常の味噌より塩分量を⅓~½にすることができます。

発酵ケチャップは、米麹の酵素がトマトを分解することで複雑な旨味が生み出されています。

発酵あんこは、砂糖は一切使っていませんが、ほんのりと甘く小豆本来の味を楽しめます。

浅利さんのたまねぎ麹は、玉ねぎの旨味を存分に引き出しており旨味たっぷり!様々な料理に使えます。

塩こうじのドレッシングは、野菜にかけるのはもちろん、バター感覚でパンに塗って食べるのもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる