《あてなよる》ぶりの串焼き(ブリで呑む:大原千鶴)

ぶりの串焼き

2021年11月18日に放送されたあてなよるで紹介された大原千鶴さんのぶりの串焼きのレシピです。

ぶりの串焼き(ブリで呑む:大原千鶴)

ぶりの串焼き(ブリで呑む:大原千鶴)

ぶりの串焼きは、ブリの身だけではなく、血合いや皮も焼いて一緒に楽しむ一品です。

材料(2人分)

  • ブリ(切り身)2切れ
    ………

  • 濃口醤油 小さじ1

  • 砂糖 小さじ1

  • 青ねぎ(小口切り)小さじ1

  • ごま油 小さじ½

  • おろしにんにく 少々
    ………

  • ピクルス 2本
    ………

  • パン粉 適量

  • おろしにんにく 少々

  • オリーブ油 適量
    ………

  • 花椒塩 あれば適量

    ※オリーブ油

作り方

  • 下ごしらえ
    ブリは、皮と血合いに分ける。身は一口大にカットし、塩(少々)をふる。
  • 濃口醬油(小さじ1)・砂糖(小さじ1)・小口切りにした青ねぎ(小さじ1)・ごま油(小さじ½)・おろしにんにく(少々)を混ぜ合わせる。ブリの血合いを食べやすくカットし、合わせた調味液に10分間ほどつけておく。
    ※ブリの皮も捨てずに取っておきます。
  • ピクルスは、半分にカットする。
  • パン粉(適量)・おろしにんにく(少々)・オリーブ油(適量)を混ぜ合わせておく。

    ………
  • 焼く
    串にブリの身→ピクルス→ブリの身の順に刺し、合わせておいたパン粉をまぶす。
  • フライパンにオリーブ油(小さじ2)を熱し、串を並べ入れて中火で焼く。途中で上下を返し、ブリに火を通す。
    →焼けたら取り出して、お皿に盛り付けておく。
  • つけておいた血合いの部分を串に刺してフライパンに入れ、中火で焼く。空いているスペースに皮を加え、あれば 花椒塩(適量)をふってカリカリに焼く。焼けたらお皿に盛り付けてできあがり。

番組情報

番組名あてなよる
放送日2021年11月18日
料理名ぶりの串焼き
料理人大原千鶴

大原千鶴さんのあてなよる「ブリで呑む」その他のレシピ

ぶりの刺身エスニック風は、ブリの刺身を酸味を効かせた野菜たっぷりのソースでいただく一品です。

呑めるぶり大根は、わずか10分でつくれるスピード煮物です。

ぶりサンドは、揚げたぶりカツでつくるフィッシュバーガーです。

大原千鶴さんの人気レシピ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる