《きょうの料理》ワタナベマキ「さつまいもの梅蒸し」(しみじみ冬おかず)2022年1月10日

さつまいもの梅蒸し

2022年1月10日に放送されたきょうの料理で紹介されたワタナベマキさんのさつまいもの梅蒸しのレシピです。

「さつまいもの梅蒸し」ワタナベマキ

Cooking time

25

minutes
カロリー(1人前)

180

kcal
塩分(1人前)

2.3

g

さつまいもの梅蒸しは、さつまいもの甘みと梅干しの酸味の相性がよく、色鮮やかに仕上がる蒸し物です。今回は、せいろではなく、フライパンで蒸してつくります。

材料(2人分)

  • さつまいも 1本(250~300g)

  • 昆布(3㎝四方)2枚

  • 梅干し(塩分13%)2個

  • 水 カップ1½

  • 酒 大さじ2

作り方

  • 下ごしらえ
    さつまいもはよく洗い、皮付きのまま1.5㎝厚さの半月切りにする。水にサッとさらし、水気を切る。
    昆布は、サッと汚れを拭き取る。

    ………
  • 3~4㎝ほどの深さがあり、フライパンに入るサイズの耐熱皿にさつまいもを広げて入れ、昆布をのせる。
  • 水(カップ1½)・酒(大さじ2)を順に加え、梅干しを軽く手でちぎって種ごと加える。
  • フライパンに紙タオルまたは布巾を敷き、その上に耐熱皿をのせる。フライパンに水を耐熱皿の⅓ほどの高さまで加え、蓋をして中火にかける。沸騰してきたら弱めの中火にして20分間ほど蒸す。竹串がスッと通るくらい蒸されたら、お皿ごと取り出してできあがり。
    ※せいろや蒸し器を使う場合は、強火で7分間ほど蒸します。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年1月10日
料理名さつまいもの梅蒸し
料理人ワタナベマキ

きょうの料理のレシピ

ワタナベマキのしみじみ冬おかず

同日紹介された「蒸し物」料理

蒸し鶏のレモンしょうがだれは、しっとりやわらか、ジューシーに鶏肉を一緒に蒸した爽やかなレモンしょうゆだれでいただく一品です。蒸した鶏肉は、粗熱を取ってからジッパー付きの保存袋に入れ、冷蔵庫で4日間保存することもできます。

豚と里芋のみそ蒸しは、豚肉はやわらかく旨味たっぷりに、里芋はほっくりと仕上げた一品。濃厚な味噌だれに柚子の香りと彩りがアクセントになっています。

ワタナベマキのしみじみ冬おかず (蒸し物・乾物)レシピ一覧

ワタナベマキさんのレシピ!(その他のレシピは、こちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる