《きょうの料理》ワタナベマキ「蒸し鶏のレモンしょうがだれ」(しみじみ冬おかず)2022年1月10日

蒸し鶏のレモンしょうがだれ

2022年1月10日に放送されたきょうの料理で紹介されたワタナベマキさんの蒸し鶏のレモンしょうがだれのレシピです。

「蒸し鶏のレモンしょうがだれ」ワタナベマキ

Course: きょうの料理, 鶏肉
Cooking time

25

minutes
カロリー(1人前)

300

kcal
塩分(1人前)

1.2

g

蒸し鶏のレモンしょうがだれは、しっとりやわらか、ジューシーに蒸しあげた鶏肉を一緒に蒸して作った爽やかなレモンしょうゆだれでいただく一品です。

材料(3~4人分)

  • 鶏もも肉 2枚(500g)※常温に戻しておく
    ≫≫酒 大さじ2
    ≫≫塩 少々

  • ブロッコリー ⅓個(100~120g)



  • レモンしょうがだれ
  • 生姜(すりおろす)1かけ分

  • レモン汁 大さじ2

  • ごま油 大さじ1

  • 塩 小さじ½

作り方

  • 下ごしらえ
    鶏もも肉は、余分な脂を取り除き、厚みのある部分を切り開いて厚さを均一にする。フォークを刺して皮目に数か所穴をあける。酒(大さじ2)をふり、全体によくなじませ、塩(少々)を全体にふる。
  • ブロッコリーは、小房に分ける。

    ………
  • レモンしょうがだれ
    小さめの耐熱容器にすりおろした生姜(1かけ分)・レモン汁(大さじ2)・ごま油(大さじ1)・塩(小さじ½)を入れ、よく混ぜ合わせる。

    ………
  • 蒸す
    せいろ(今回は24㎝のものを使用)にオーブンシートを敷き、鶏肉を皮目を上にして重ならないように並べ入れる。
    ※せいろは使う前に必ず水で濡らしましょう。そうすると焦げなくなります。
  • せいろの空いているスペースに レモンしょうがだれの入った耐熱容器を鶏肉の脂がつかないようにオーブンシートの外側におき、せいろの蓋をしめる。
  • 蒸気の 蒸気の上がった鍋にせいろをのせ、強火で6分間ほど蒸す。
    ※湯はたっぷり沸かし、常に沸騰している状態を保つのがポイント。強火が基本ですが、吹きこぼれた時は少し火を弱めます。
  • ブロッコリーを加え、さらに3分間蒸す。
  • 火を止め、蓋をしたまま余熱で5分間ほど蒸らす。

    ………
  • 鶏肉を食べやすくカットしてお皿に盛り付け、レモンしょうがだれをかけたらできあがり。

Notes

  • 鶏肉は、粗熱を取り、ジッパー付きの保存袋に入れ、冷蔵庫で4日間保存できます。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年1月10日
料理名蒸し鶏のレモンしょうがだれ
料理人ワタナベマキ

きょうの料理のレシピ

ワタナベマキのしみじみ冬おかず

同日紹介された「蒸し物」料理

豚と里芋のみそ蒸しは、豚肉はやわらかく旨味たっぷりに、里芋はほっくりと仕上げた一品。濃厚な味噌だれに柚子の香りと彩りがアクセントになっています。

さつまいもの梅蒸しは、さつまいもの甘みと梅干しの酸味の相性がよく、色鮮やかに仕上がる蒸し物です。今回は、せいろではなく、フライパンで蒸してつくります。

ワタナベマキのしみじみ冬おかず (蒸し物・乾物)レシピ一覧

ワタナベマキさん】のレシピ一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次