《上沼恵美子のおしゃべりクッキング》岡本健二「鯛ごはん」2022年1月4日

鯛ごはん

2022年1月4日に放送された上沼恵美子のおしゃべりクッキングで紹介された岡本健二さんの鯛ごはんのレシピです。

「鯛ごはん」岡本健二

Course: 和風Cuisine: 炊き込みご飯

今週のテーマ「鯛をあじわう」のメニューの一品として紹介された鯛ごはんは、鯛は半分は焼いて香ばしく、残り半分は蒸してふっくらと仕上げています。

材料(2~3人分)

  • 鯛(3枚おろし)450g

  • にんじん 80g

  • 油揚げ 1枚

  • 米 2合



  • 合わせだし
  • だし 450㎖

  • 塩 小さじ½

  • みりん 大さじ1

  • 薄口醤油 大さじ1⅓


  • ………
  • 木の芽 20枚

作り方


  • 鯛は、真ん中に点々とある骨の両サイドでカットし、背と腹の身に分ける。それぞれの尾側から⅓ほどの場所でカットする。
  • 切り落とした尾側の身・最初に切り落とした真ん中の骨の部分の身に塩(適量)をふる。フライパンに少量の油を熱し、中火で香ばしく焼く。焼いた鯛は、取り出してご飯になじむようにひとつずつ骨を丁寧に取り除きながら細かくほぐす。

    ………
  • 合わせだし
    だし(450㎖)・塩(小さじ½)・みりん(大さじ1)・薄口醤油(大さじ1⅓)をよく混ぜ合わせておく。

    ………
  • その他下ごしらえ
    にんじんは、3㎜角にカットする。
    油揚げは、みじん切りにする。

    ………
  • 炊く
    炊飯釜に洗った米を入れ、油揚げ・にんじんを加え、軽く混ぜる。焼いてほぐした鯛の身を加え、合わせだしを注ぎ入れ、均等になるようにならす。
  • 通常通りに炊飯する。

    ………
  • 仕上げ
    焼いていない残りの鯛の身を5㎜厚さのそぎ切りにする。全体に薄く塩をふり、5分間ほどおく。
  • 木の芽は、粗く刻む。
  • 炊き上がったご飯の上にそぎ切りにした鯛を敷き詰め、酒(大さじ1)をふり、もう一度、炊飯器の蓋を閉じて10分間蒸らす。
  • 木の芽を散らし、粗めにご飯を軽くほぐしたらできあがり。器に盛っていただきます。

番組情報

番組名上沼恵美子のおしゃべりクッキング
放送日2022年1月4日
料理名鯛ごはん
料理人岡本健二

上沼恵美子のおしゃべりクッキングのレシピ

今週のテーマ「鯛をあじわう」その他のレシピ

鯛のピカタは、淡泊な鯛に生ハムを合わせて旨味を倍増させたピカタです。

鯛の紹興酒風味は、焼いた鯛を紹興酒を生かした絶品のソースでいただく一品です。

鯛と白菜の柚子風味は、ふっくらと仕上げた鯛を口いっぱいに広がる柚子の香りと一緒にいただく一品です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる