《おかずのクッキング》とうもろこしのカルボナーラ(「イル ギオットーネ」 オーナーシェフ:笹島保弘)

とうもろこしのカルボナーラ

2021年8月21日に放送されたおかずのクッキングで紹介されたとうもろこしのカルボナーラのレシピです。

とうもろこしのカルボナーラ(「イル ギオットーネ」 オーナーシェフ:笹島保弘)

とうもろこしのカルボナーラ(「イル ギオットーネ」 オーナーシェフ:笹島保弘)

Course: 和風Cuisine: カルボナーラ

とうもろこしのカルボナーラは、たっぷりのとうもろこしと和風の出汁を使ったカルボナーラです。麺自体に味がついているので冷めてもおいしくいただけます。

材料(2人分)

  • とうもろこし 正味80g

  • ベーコン(塊)100g
    ………

  • 昆布 5g

  • 塩 適量
    ………

  • スパゲッティ(1.6㎜)160g
    ………

  • エキストラバージンオリーブ油 大さじ1½

  • 塩 少々
    ………

  • 卵黄 4個

  • パルミジャーノチーズ(すりおろし)20g

  • 粗びき黒こしょう 適量

作り方

  • 下ごしらえ
    とうもろこしは、包丁で実を削ぎ取る。
    ※芯は、取っておく。
  • ベーコンは、棒状にカットする。

    ………
  • 茹で汁をつくる
    鍋にたっぷりの湯を沸かし、昆布(5g)・とうもろこしの芯を入れ、中火で10分間ほど煮る。
  • 鍋の茹で汁を後でソースに使う用に200㎖取り分ける。
  • 鍋の茹で汁に塩(適量)を少し多めに加え、しっかりと塩味をつける。

    ………
  • 麺を茹でる
    スパゲッティを入れ、くっつかないように軽く混ぜたら弱火にして茹でる。
    ※昆布ととうもろこしの芯は入れたまま麺を茹でます。
    ※茹で時間は、袋の表示より1分ほど短くします。

    ………
  • ソース
    火にかける前のフライパンにベーコン・ エキストラバージンオリーブ油 (大さじ1½)を入れて火にかけ、ベーコンから脂が出てくるまで強火で炒める。
  • ベーコンをフライパンの片側に寄せ、空いたスペースにとうもろこしの実を加え、とうもろこしだけに塩(少々)をふる。とうもろこしだけを炒めてからベーコンと一緒にしてベーコンの脂でサッと炒め合わせる。
  • 取り置いていた茹で汁(200㎖)を加え、ひと煮立ちさせる。

    ………
  • 仕上げ
    袋の表示より1分ほど短く茹でたスパゲッティを湯を切って加え、ソースを吸わせるように和え、水分を少し残して火を止める。
    ※麺がまだ少し堅い場合は、麺の茹で汁を加えて調整します。
  • 卵黄(4個)を加え、和えながら余熱で卵に火を通す。
    ※ボソボソするようなら 麺の茹で汁を加えて調整します。
  • パルミジャーノチーズ(20g)を加え、全体を和える。
  • お皿に盛り付け、お好みで粗びき黒こしょう(適量)をかけたらできあがり。

Notes

  • 昆布の代わりにめんつゆ・白だし・昆布茶などをしっかりと味を感じる程度に加えてもOK。

番組情報

番組名おかずのクッキング
放送日2021年8月21日
料理名とうもろこしのカルボナーラ
料理人「イル ギオットーネ」 オーナーシェフ:笹島保弘

同日紹介された土井善晴さんの素材のレシピ「牛切り落とし肉」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる