《おかずのクッキング》さわらの煮つけ(柳原尚之)

2021年4月10日に放送されたおかずのクッキングで紹介されたさわらの煮つけのレシピです。

さわらの煮つけ(柳原尚之)

さわらの煮つけ(柳原尚之)

Course: 和風Cuisine: 煮物

さわらの煮つけは、魚介の味がおいしく決まる調味料の配合1:1を使って旬のさわらを煮つけた一品です。魚介の味がおいしく決まる黄金比、みりん1:醤油1に水4:酒4を加えた煮汁は、飲み干せるおいしさです。

材料(2人分)

  • さわら 2切れ(180g)
    ≫≫塩 適量

  • 小松菜 1株

  • 長ねぎ(3㎝長さのぶつ切り)6切れ
    ………

  • みりん 大さじ2½

  • 醤油 大さじ2½

  • 酒 150㎖

  • 水 150㎖

  • 生姜(薄切り)10g
    ………

  • さらしねぎ 適量

  • 一味唐辛子 適量

作り方

  • 下ごしらえ
    さわらの両面に薄く塩(適量)をふり、15分ほどおいておく。
    →さわらから出てきた水分をしっかりとペーパーで拭き取る。
  • 小松菜は、塩ゆでしてから水にとって水気を絞る。食べやすい長さにカットする。

    ………
  • 焼く
    表面加工のフライパンを熱し、さわらを並べ入れ、中火で軽く焼き色をつける。
  • 片面に焼き色がついたらひっくり返し、長ねぎも加えて同じように軽く焼き色をつける。
    →焼き色がついたら、さわら・長ねぎは取り出す。

    ………
  • 煮る
    鍋にみりん(大さじ2½)・醤油(大さじ2½)・酒(150㎖)・水(150㎖)を加え、火にかける。
  • 煮汁が煮立ったら、さわら・ねぎ・生姜の薄切り(10g)を加え、落し蓋をして再び煮立ってから5分ほど煮る。
    ※煮汁を飲んでみておいしいくらいになればOK。

    ………
  • さわら・ねぎをお皿に盛り付け、小松菜を添える。煮汁をかけ、さらしねぎ(適量)をのせ、お好みで一味唐辛子(適量)をふったらできあがり。

Notes

  • さわらに焼き色をつけることで風味をつけると同時に煮たときに煮崩れるのを防ぐことができます。
  • 魚の中に味をしみこませたい場合は、長く煮るのではなく、火を止めてからそのままおいておきます。

番組情報

番組名おかずのクッキング
放送日2021年4月10日
料理名さわらの煮つけ
料理人柳原尚之

同日紹介された土井善晴さんの彩りご飯レシピ

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる