《きょうの料理》笠原将弘「とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮」和食はもっとおおらかでいい。(2024年7月3日)

とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮

2024年7月3日に放送されたきょうの料理で紹介された笠原将弘さんのとうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮のレシピです。

Contents

笠原将弘さんの「とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮」のレシピ

「和食はもっとおおらかでいい。」という笠原将弘さんの信条から生まれた新企画。つくりやすさとおいしさ、季節感を兼ね備えたレシピを年4回にわたって教えてくれるシリーズの2回目です。今回は夏らしく手軽にできて元気が出る3品「夏野菜の一口かき揚げ」「豚肉とにんにくの梅おかか炒め」「とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮」を紹介してくれました。
とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮は、冬瓜を鶏手羽元と合わせてがっつりご飯がすすむ茶色いおかずに仕上げた一品です。冬瓜は、味がしみやすいように皮を厚くむいてしまうのがポイント。熱々で食べてもおいしいし、冷やすと煮こごりも楽しめる夏の煮物です。

とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮

Cuisine: 和風

材料(2人分)

  • 鶏手羽元 6本(350g)

  • 冬瓜 400g

  • 新生姜 20g

  • ………
  • だし 大さじ2

  • みりん 大さじ2

  • 砂糖 大さじ1

    ※ごま油

作り方

  • 下ごしらえ
    冬瓜は、ピーラーで皮を厚めにむく。種とワタを除き、1㎝厚さの食べやすい大きさにカットする。
    生姜は、せん切りにする。水にサッとさらし、水気をきる。

    ………
  • フライパンにごま油(大さじ1)を熱し、鶏手羽元を並べ入れて中火で上下を返しながら両面に焼き色がつくまで焼き付ける。
  • 冬瓜を加え、冬瓜にも焼き目をつける。
  • フライパンの余分な脂を拭き、だし(カップ1½)・醤油(大さじ2)・みりん(大さじ2)・砂糖(大さじ1)を加えてひと煮立ちさせる。
  • アルミ箔で落とし蓋をして弱火にし、20分間ほど煮る。
    ※時間があれば一度冷ますと味がしみこみよりおいしくなります。

    ………
  • お皿に盛り付け、生姜をのせたらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2024年7月3日
料理名とうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮
料理人笠原将弘

笠原将弘さんの「夏野菜の一口かき揚げ」「豚肉とにんにくの梅おかか炒め」のレシピ

夏野菜の一口かき揚げ
天ぷらをつくるのがめんどうだという時にもおすすめ!手間も洗い物も少なく、短時間で揚げられるかき揚げです。カットしたなすは、塩をふって少しおき、出てきた苦みのある水気を拭きとるのがポイント!お好みの夏野菜を使ってアレンジできます。

豚肉とにんにくの梅おかか炒め
にんにくを薬味としてではなく料理の具としてたっぷり使ったガツンと元気のでるおかずです。においが気になるにんにくは、水から茹でてゆっくりと火を通すことでくさみや辛みがやわらぎ食べやすくなります。合わせ調味料にはちみつ梅を使うことで簡単に味が決まります。にんにくのホクホクとした食感が楽しい一品です。

「しょうゆ煮」おすすめレシピ

舘野鏡子さんの「鶏むね肉と焼きねぎのバターじょうゆ煮」

藤井恵さんの「丸鶏の中華風しょうゆ煮〜油鶏〜 」

栗原心平さんの「れんこんの甘酢じょうゆ煮」

「きょうの料理」で紹介されたレシピ

まとめ

きょうの料理で紹介され笠原将弘さんのとうがんと鶏手羽元のしょうゆ煮のレシピを紹介しました。冬瓜を鶏手羽元と合わせてがっつりご飯がすすむ茶色いおかずに仕上げた一品です。冬瓜は、味がしみやすいように皮を厚くむいてしまうのがポイント。熱々で食べてもおいしいし、冷やすと煮こごりも楽しめる夏の煮物です。ぜひ、参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents