《きょうの料理》吉岡秀治・知子「ラフテー」比嘉家のオカズでちむどんどん(2022年9月9日)

ラフテー

2022年9月9日に放送されたきょうの料理で紹介された吉岡秀治・知子さんのラフテーのレシピです。

目次

オカズデザイン 吉岡秀治・知子さんの「ラフテー」のレシピ

ドラマ「ちむどんどん」の料理監修をしているオカズデザインの吉岡秀治・知子夫妻が暢子役を演じている沖縄県出身の女優、黒島結菜さんと一緒にきょうの料理に登場!ドラマに登場している沖縄料理のつくり方を紹介してくれました。
ドラマにもたびたび登場するラフテーは、沖縄を代表する肉料理です。法事や祝い事の食卓に欠かせない豚の角煮!手間や時間をたっぷりとかけてつくるおもてなし料理です。本来は、皮つきの豚肉でつくりますが、今回は手に入りやすい皮なしの豚肉でつくります。

石垣島・沖縄の食材を使ったジュースやお肉をお届け【やえやまファーム】

ラフテー

カロリー(全量)

1470

kcal
塩分(全量)

8.6

g

材料(つくりやすい分量)

  • 豚バラ肉(塊)400g

  • ねぎ(青い部分)1本分

  • 水 適量

  • ………
  • 豚肉のゆで汁 カップ½

  • かつお出汁 カップ1½
    ※沸騰した湯(カップ5)にかつおの削り節(30g)を加え、5分間ほど弱めの中火で煮出してこしたもの

  • 泡盛(または酒)カップ½

  • 醤油 大さじ1

  • 砂糖 30~40g

  • ………
  • 醤油 大さじ2

作り方

  • 焼く
    フライパンに豚バラ肉を塊のまま脂側を下にして入れて中火にかけ、焼き色がつくまで面を返しながら全面をしっかりと焼く。
    ※香ばしさを加えて肉の旨味を閉じ込めるのがポイント。

    ………
  • 下茹で
    焼き色がついたら鍋に移し、ねぎの青い部分(1本分)を入れる。水(適量)を肉がひたひたにかぶるくらいまで注ぎ入れ、強火にかける。沸騰したら弱火にし、肉に竹串がスーッと通るまで1時間30分ほど下茹でする。
    ※水が少なくなったら適宜足します。
    ※下茹ですることで豚肉のくさみが抜けて柔らかくなり、調味料の味が入りやすくなります。
  • 豚肉を鍋から取り出し、お好みの大きさにカットする。
    ※ゆで汁は、とっておきます。

    ………
  • 煮る
    カットした豚肉を別の鍋に入れ、ゆで汁(カップ½)・かつお出汁(カップ1½)・泡盛(カップ½)・醤油(大さじ1)・砂糖(30~40g)を加えて強火にかける。沸騰したら弱火にし、落とし蓋をして1時間30分ほど煮る。
    ※煮汁が少なくなったら、豚肉のゆで汁をかぶるくらいまで足します。
  • 最後に醤油(大さじ2)を加え、火を止める。そのまま鍋の中において粗熱をとったらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年9月9日
料理名ラフテー
料理人オカズデザイン 吉岡秀治・知子

「角煮」の人気レシピ

こちらの「角煮」レシピも人気です

電子レンジでわずか10分!DAISOの「シリコーン保存袋」でつくる「レンチン豚角煮」

フライパンひとつで時短調理!柔らかくてとろとろなシャウ・ウェイさんの「とろとろ豚の角煮丼」

ほったらかしで作れるのに満足度抜群!コウケンテツさんの「ベトナム風豚バラの角煮」

まとめ

きょうの料理で紹介されたオカズデザイン 吉岡秀治・知子さんのラフテーのレシピを紹介しました。焼きつけて肉の旨味を閉じ込めてからじっくりとやわらかくなるまで下茹で。たっぷりの煮汁でゆっくり煮含め、仕上げに追い醤油を加えて風味を残すのがポイントでした。ぜひ、参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


きょうの料理」で紹介されたレシピをまとめています。
よろしければこちらもご覧ください。


≫≫ドイツ発世界人気No.1ミールキットHelloFresh(ハローフレッシュ)
お申込み・詳細はこちら→ HelloFresh 公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次