《ヒルナンデス》森田隼人「サバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰め」家めしバトル【サバ缶】レシピ(2022年4月25日)

サバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰め

2022年4月25日に放送されたヒルナンデスで紹介された森田隼人さんのサバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰めのレシピです。

「サバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰め」森田隼人

Course: 洋風

サバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰めは、牛脂の効果でジューシーさはもちろん、旨味もアップしたパプリカの肉詰めとサバの味噌煮のバランスが抜群な一品です。

材料(2人分)

  • パプリカ 1個 
    ≫≫片栗粉 適量

  • ………
  • 牛ひき肉 80g
    ≫≫牛脂 適量

  • 玉ねぎ ¼個

  • パン粉 適量 

  • 卵黄 1個分

  • ………
  • サバ缶(味噌煮)½缶

  • ミニトマト 6〜7個

  • ピザ用チーズ 適量

作り方

  • 下ごしらえ
    パプリカは、縦半分にカットし、ヘタと種を取り除く。パプリカの内側に片栗粉(適量)をまぶす。
    玉ねぎは、みじん切りにする。
    サバ缶は、ボウルに入れてほぐす。
    ミニトマトは、薄い輪切りにする。

    ………
  • 肉だね
    牛ひき肉をボウルに入れ、カットした牛脂を加えてつぶすようにして混ぜる。
  • 玉ねぎ・パン粉・卵黄(1個分)を加え、軽くこねる。

    ………
  • 詰めて焼く
    パプリカの内側に肉だねを押し広げながら隙間なく詰める。
    ※お肉は、加熱すると縮むので隙間なく詰めるのがポイント。
  • 肉を詰めたパプリカをラップで包み、電子レンジ(600W)で2分間加熱する。
  • 加熱した肉詰めパプリカを取り出し、肉の上に残っているサバ缶の缶汁をかけてなじませる。
  • ほぐしたサバの身をのせ、その上にトマトをのせ、最後にピザ用チーズをのせる。
  • オーブントースターで6分間ほど焼いたらできあがり。

番組情報

番組名ヒルナンデス
放送日2022年4月25日
料理名サバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰め
料理人森田隼人

家めしバトル【サバ缶】レシピ

有名料理人は自宅で何を食べているのか?
「家めし」をテーマにイタリアンの重鎮・日髙良実シェフ、肉の鬼才・森田隼人シェフ、日本を代表するトップパティシエ・鎧塚俊彦シェフがサバ缶を使った簡単に作れるレシピを披露!紹介されたレシピは、こちら↓

サバ缶と季節野菜のパスタ《日髙良実》 
春野菜たっぷりのサラダ感覚で食べられるパスタです。フライパンでソースは作らずに鍋とボウルだけですべてを仕上げています。
サバの味噌煮缶とひき肉のパプリカ詰め《森田隼人》
牛脂の効果でジューシーさはもちろん、旨味もアップしたパプリカの肉詰めとサバの味噌煮のバランスが抜群な一品!

このページのレシピです

サバトマトのタルティーヌ《鎧塚俊彦》
カリッカリに焼いたバゲットの上に相性抜群のトマトと一緒に炒めたサバ缶をのせたバターの風味、ナッツがいいアクセントになった一品!

ヒルナンデス」で紹介されたレシピをまとめています。
よろしければこちらもご覧ください。⇒ ヒルナンデス レシピ一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる