《きょうの料理》いちご大福(春の和菓子:金塚晴子)

2021年3月24日に放送されたきょうの料理で紹介されたいちご大福のレシピです。

いちご大福(春の和菓子:金塚晴子)

いちご大福(春の和菓子:金塚晴子)

Course: スイーツ

いちご大福は、イチゴを丸ごと粒あんで包んだ大福です。電子レンジでつくるやわらかい生地に包まれた粒あんとイチゴが絶妙な味わいです。

※あずき粒あんのレシピは、こちら

材料(5個分)

  • あずき粒あん 150g(1個分 30g)

  • イチゴ 5個
    ………

  • 白玉粉 20g

  • 水 40㎖ + 70㎖

  • もち粉 50g

  • 砂糖 5g
    ………

  • 片栗粉 適量

作り方

  • 前準備
    ・砂糖(5g)は、ふるっておく。
    ・バットにかたくり粉(適量)をたっぷりと敷いておく。

    ………
  • イチゴを粒あんで包む
    イチゴは洗ってヘタを取り、水気をふく。
  • あずき粒あんを5等分にして丸める。手のひらの上で餡を丸く広げ、イチゴを1個のせて包みこむ。
    ※イチゴの先端は少し出ていてもOK。

    ………
  • 生地をつくる
    耐熱ボウルに白玉粉(20g)を入れ、水(40㎖)を少しずつ加えながらゴムベラでダマにならないようによく混ぜて溶かす。
  • さらに水(70㎖)を加え、よく混ぜる。
  • もち粉(50g)を加え、泡立て器でダマがなくなるように溶いていく。
  • ふるっておいた砂糖(5g)を加え、さらに混ぜ合わせる。
  • ラップをせずに電子レンジ(600W)で1分加熱する。
  • 一度取り出して、木べらで底を返すようにして混ぜる。再び電子レンジ(600W)で1分加熱する。
  • 再び取り出して木べらで混ぜてから、再度、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
    ※電子レンジは、計3回。500Wの場合は、1回1分20秒ずつかけます。
  • 柔らかくてコシのある餅状になったら、耐熱ボウルの中で少し形を整えてから片栗粉を敷いたバットの中に取り出す。表面にも片栗粉を薄くまぶす。
  • 生地を手で5等分にする。
    ※ポリ手袋をはめて切ると手にくっつかず、熱さも防げます。

    ………
  • 粒あんとイチゴを包む
    生地を手のひらの上で丸く広げ、はけで内側になる面の粉をはらう。
  • 粒あんで包んだイチゴの先端の方から生地をかぶせ、あん玉の形に沿って生地を伸ばしながら包み、最後は摘まみ上げるようにして口を閉じる。
  • 片栗粉をまぶして手できれいに丸めて形を整えたらできあがり。

Notes

  • いちご大福:1個ずつラップで包み、冷蔵庫で1~2日、冷凍庫で約2週間、保存可能

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2021年3月24日
料理名いちご大福
料理人金塚晴子

いちおしスイーツ!金塚晴子さんの春の和菓子

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる