《きょうの料理》あずき粒あん(春の和菓子:金塚晴子)

2021年3月24日に放送されたきょうの料理で紹介されたあずき粒あんのレシピです。

あずき粒あん(春の和菓子:金塚晴子)

あずき粒あん(春の和菓子:金塚晴子)

Course: スイーツ

あずき粒あんは、上品なおいしさのあるこしあんに対して豆本来のおいしさを楽しめます。

材料(作りやすい分量/できあがり約550グラム)

  • 小豆 200g

  • グラニュー糖 170~200g

  • 塩 1つまみ

    ※水

作り方

  • 小豆をゆでこぼす
    小豆はザルに入れ、流水にかけながらやさしく水洗いして汚れやほこりを取る。
  • 鍋に洗った小豆・水(カップ3)を入れ、強火にかける。沸騰したら差し水(カップ1)を加える。
  • 再び沸騰したら沸騰状態で2分~2分30秒間茹で、一度ザルにあげる。

    ………
  • 再び茹でてアクを出す
    鍋に小豆・水(カップ3)を入れ、再び強火にかける。沸騰したら、差し水(計カップ2½くらい)を3~5回しながら約10分間茹でてアクを出す。
  • 湯が十分に赤く濁ったら小豆をザルにあける。小豆にサッと水をかけアクを流す。

    ………
  • 柔らかくなるまで煮る
    鍋に水(カップ3)・小豆を入れ、強火にかける。沸騰したら火を弱め、蓋をして豆が軽く踊っている状態で20~30分間煮る。
    ※豆が新しいほど早く煮えるので状態を見ながら煮る時間を調整しましょう。
    ※豆がお湯から頭を出すようなら少し差し水をして水を増やします。
  • 木べらに小豆をのせ、へらでつぶしてみて抵抗なくつぶれるくらいの柔らかさになったら、小豆が踊らないように紙ぶたをしてごく弱火で約30分間煮る。
    ※このときは、差し水はしません。
  • 小豆をザルにあげ、湯を切る。

    ………
  • あんを練り上げる
    鍋に小豆・グラニュー糖(170~200g)の半量を加え、強火にかける。木べらで大きく混ぜながら練る。
  • グラニュー糖が溶けたら残りのグラニュー糖を加え、強火のまま木ベラを大きく動かしながら練る。
  • 練り上がり間近になったら塩(1つまみ)を加え、仕上げる。
    ※木べらですくったときに山形になって少し崩れるくらいが練り上がりの目安。
  • バットに1すくいずつ山形にして並べいれ、冷ます。

Notes

  • 差し水をすることで小豆の皮の間に水分が浸透して煮えやすくなります。
  • あずき粒あん:冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1か月間、保存可能

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2021年3月24日
料理名あずき粒あん
料理人金塚晴子

いちおしスイーツ!金塚晴子さんの春の和菓子

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる