《きょうの料理》えびと押し麦のピラフ風(雑穀プラスで賢いごはん:新谷友里江)

2020年11月23日に放送されたきょうの料理で紹介されたえびと押し麦のピラフ風のレシピです。

えびと押し麦のピラフ風

えびと押し麦のピラフ風は、パラっとしておりピラフに向いている押し麦を使った一品です。

 

材料(3~4人分)


☑ 米 270㎖(1½合)
☑ 水 カップ2
☑ 押し麦 90㎖(½合)

☑ むきえび 12匹(200g)
≫≫ 塩 少々
≫≫ こしょう 少々
◎片栗粉

☑ にんじん ½本(90g)
☑ 黒オリーブ(種なし)10個(40g)


☑ バター 20g


☑ 白ワイン 大さじ1
☑ 顆粒スープの素(洋風)小さじ1
☑ 塩 小さじ½


☑ 塩 少々
☑ こしょう 少々

☑ パセリ(みじん切り)適量

 

作り方

STEP.1 下ごしらえ

① 炊飯釜に洗って水気を切った米(1½合)・水(カップ2)を入れる。押し麦(½合)を加え、そのまま30分間おいて浸水させる。

② むきえびは片栗粉をまぶしてもみ洗いし、塩(少々)・こしょう(少々)をふる。

③ にんじんは、5㎝長さ・2~3㎜幅の細切りにする。

④ 黒オリーブは、薄切りにする。

STEP.2 具材の準備

⑤ フライパンを中火で熱し、バター(20g)でむきえびを炒める。

⑥ むきえびの表面の色が変わってきたら、にんじんを加え炒める。全体にバターがなじんだら、バットに取り出し粗熱を取る。

STEP.3 炊く

⑦ 浸水させておいた炊飯釜に白ワイン(大さじ1)・顆粒チキンスープの素(小さじ1)・塩(小さじ½)を加え、サッと混ぜる。

⑧ 粗熱を取ったえび&にんじん・黒オリーブを加え、炊飯器で普通に炊く。

⑨ 炊き上がったらサッと全体を混ぜてから再び蓋をして10分間蒸らす。その後、塩(少々)・こしょう(少々)で味を調える。お皿に盛り付け、パセリのみじん切りをふったらできあがり。

 

Note
  • 押し麦は、洗わないでOK。今回は、炊きこみピラフなので下茹でも不要。押し麦の水溶性と不溶性の食物繊維がプラスされ腸内環境が整います。

「雑穀プラスで賢いごはん」新谷友里江さんのその他のレシピ

雑穀と豚だんごのしょうがスープは、雑穀ミックスをスープの具としてプラスしたボリューム満点で栄養たっぷり、体が温まる一品です。

 

雑穀ハンバーグは、雑穀ミックスをハンバーグのつなぎとしてパン粉の代わりに使ったプチプチした食感も楽しいハンバーグです。

 

タイトルとURLをコピーしました