《きょうの料理》さば缶の冷や汁(食べて水分補給:本多京子)

2020年7月13日に放送されたきょうの料理で紹介されたさば缶の冷や汁のレシピです。

さば缶の冷や汁

さば缶の冷や汁は、さばの缶詰と水だしを使い火を使わずに作れる一品です。

 

材料(3人分)

水だし ※作りやすい分量
☑ 水 カップ2½
☑ 昆布 5g
☑ 削り節 1袋(5g)


☑ きゅうり 1本(100g)
≫≫ 塩 少々
☑ みょうが 2個
☑ さばの水煮(缶詰)1缶(180g)
☑ 絹ごし豆腐 ½丁(150g)
☑ 青じそ(ちぎる)4枚


☑ 味噌 大さじ1½
☑ 生姜(すりおろす)小さじ1
☑ すりごま(白)大さじ1
☑ 水だし 1½

 

 

作り方

STEP.1 水だし

① 保存用ポットに水(カップ2½)・手で割った昆布(5g)・削り節(5g)を入れ、蓋をして冷蔵庫で3時間冷やす。※冷蔵庫で2~3日間保存可能

昆布と削り節の旨味が抽出された簡単だし!

STEP.2 下ごしらえ

② きゅうりは、薄い輪切りにする。塩(少々)をふりもみこみ少しおき、しんなりとしたら水気を絞る。

③ みょうがは、縦半分に切ってから薄切りにする。

 

STEP.3 仕上げ

④ ボウルに味噌(大さじ1½)・すりおろした生姜(小さじ1)・すりごま(大さじ1)を入れ、水だし(カップ1½)を少しずつ加えながら溶き伸ばしていく。

⑤ さばの水煮缶を身を粗く崩しながら汁ごとすべて加える。

⑥ サッと水洗いした絹ごし豆腐を箸で食べやすい大きさにちぎり加える。

⑦ 塩もみし水気を切ったきゅうり・薄切りにしたみょうがを加える。

⑧ 器に盛り付け、ちぎった青じそを散らしたらできあがり。

温かいご飯にかけたり、うどんと一緒に食べるのもおすすめ。

「食べて水分補給」その他の紹介されたレシピはこちら

タイトルとURLをコピーしました