《きょうの料理》土井善晴「豚こま丼」ふつうにおいしいもん(2023年1月16日)

豚こま丼

2023年1月16日に放送されたきょうの料理で紹介された土井善晴さんの豚こま丼のレシピです。

目次

土井善晴さんの「豚こま丼」のレシピ

毎日食べても飽きることのない持続可能な家庭料理のあり方を追求する土井善晴さんが季節を感じていつ食べてもホッとするおいしいものを紹介してくれる「土井善晴のふつうにおいしいもん」。今回は、2日間に渡って冬の「おいしいもん」をご紹介!1日めのテーマは、日本人にとって大切な”ご飯とお餅”。「豚こま丼」「青菜のみそ汁」「お餅入りみそラーメン」の三品を紹介してくれました。

豚こま丼は、香ばしく焼いたねぎがアクセントになったふわっとした卵のおいしさを楽しめる丼です。丼だしから手づくりし、卵には茶碗蒸しのようにふんわりと火が通すのがポイントです。

≫≫土井善晴さんレシピ

豚こま丼

Cuisine: 和風
カロリー(1人前)

510

kcal
塩分(1人前)

1.9

g

材料(1~2人分)

  • ねぎ ½本(50g)

  • 豚こま切れ肉 100g

  • 卵 1~2個

  • 丼だし 90㎖

  • ………
  • ご飯(温かいもの)茶碗1~2杯分

    ※サラダ油



  • 丼だし(約250㎖分)
  • 水 カップ1

  • 醤油 カップ¼

  • みりん カップ¼

  • 砂糖 大さじ1

  • 昆布(8㎝四方)1枚

  • 煮干し 10g

作り方

  • 丼だし
    小鍋に水(カップ1)・醤油(カップ¼)・みりん(カップ¼)・砂糖(大さじ1)・昆布(1枚)・煮干し(10g)を入れて弱火から中火にかけ、ひと煮立ちさせたら火を止める。
  • 昆布・煮干しを取り出す。

    ………
  • 豚こま丼
    ねぎは、1㎝厚さの輪切りにする。
    豚こま切れ肉は、食べやすく小さめにカットする。
    は、溶きほぐしておく。
  • 小さめのフライパン(直径18㎝ほど)にサラダ油(大さじ½)を熱し、ねぎを入れて中火で焼き色がつくまで焼く。
  • フライパンを濡れ布巾の上において温度を冷まし、丼だし(90㎖)・豚肉を加える。
  • 再び火にかけ、中火で煮る。
  • 豚肉にほぼ火が通ったら、溶いた卵を煮立っているところをめがけて少しずつ流し入れる。ごく弱火にし、蓋をして2~3分間ほど蒸し焼きにする。
  • 器によそったご飯の上にのせたらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2023年1月16日
料理名豚こま丼
料理人土井善晴

土井善晴のふつうにおいしいもん

同日紹介されたレシピはこちら

青菜をゆで立てでフレッシュに味わう!青菜のみそ汁

お餅を加えた野菜たっぷりのお味噌汁のようなラーメン!お餅入りみそラーメン

土井善晴のふつうにおいしいもん レシピ一覧はこちら

まとめ

きょうの料理で紹介され土井善晴さんの豚こま丼のレシピを紹介しました。香ばしく焼いたねぎがアクセントになったふわっとした卵のおいしさを楽しめる丼です。丼だしから手づくりし、卵には茶碗蒸しのようにふんわりと火が通すのがポイントでした。ぜひ、参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・ドラマ・アニメなど22万本以上の見放題動画を抱えた国内最大級の動画配信サービス!
国内や海外の映画やドラマ、アニメなどの動画の他、漫画や雑誌など書籍を読むこともできます。

料理に関する動画では「DAIGOも台所〜きょうの献立何にする?〜」や「あさイチ(※過去2週間分)」を見ることができます。

31日間無料で視聴できる無料トライアル期間もありますので気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次