《きょうの料理》吉岡秀治・知子「サーターアンダギー」比嘉家のオカズでちむどんどん(2022年9月9日)

サーターアンダギー

2022年9月9日に放送されたきょうの料理で紹介された吉岡秀治・知子さんのサーターアンダギーのレシピです。

目次

オカズデザイン 吉岡秀治・知子さんの「サーターアンダギー」のレシピ

ドラマ「ちむどんどん」の料理監修をしているオカズデザインの吉岡秀治・知子夫妻が暢子役を演じている沖縄県出身の女優、黒島結菜さんと一緒にきょうの料理に登場!ドラマに登場している沖縄料理のつくり方を紹介してくれました。
サーターアンダギーは、沖縄では家庭で気軽につくって食べるおやつです。笑っているように見える割れ目から縁起のよいお菓子として祝い事の席で用いられる伝統菓子でもあります。2種類の砂糖を生地に加え、味に奥行きを出しています。シークワーサーの爽やかな香りでおやつにもお酒のアテにもなる一品です。

石垣島・沖縄の食材を使ったジュースやお肉をお届け【やえやまファーム】

サーターアンダギー

カロリー(1個分)

200

kcal
塩分(1個分)

0.3

g

材料(12個分)

  • 薄力粉 300g

  • ベーキングパウダー 小さじ1

  • ………
  • 卵 3個

  • 黒砂糖 40g

  • グラニュー糖 40g

  • 塩 小さじ¼

  • 菜種油 大さじ1

  • ………
  • シークワーサー(搾りやすいようにカットしておく)2~3個分

  • 塩 適量

作り方

  • 生地をつくる
    薄力粉(300g)・ベーキングパウダー(小さじ1)を合わせてふるっておく。
  • 卵(3個)をボウルに割り入れて溶きほぐし、黒砂糖(40g)・グラニュー糖(40g)を加えて泡立て器を立てるようにしてすり混ぜる。
  • 全体が混ざったら 塩(小さじ¼)・菜種油(大さじ1)を順に加え、その都度混ぜる。
  • 合わせてふるっておいた粉の⅓量を加え、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。
  • 残りの粉を加え、ゴムベラで切るようにさっくりと全体を混ぜる。
  • ラップをし、冷蔵庫で10時間ほど寝かせる。

    ………
  • 揚げる
    手に菜種油をつけ、生地を12等分にして丸める。
  • 揚げ油を160℃に熱し、半量を入れて9分間ほど揚げる。

    ………
  • 網に上げて油をきり、熱いうちにシークワーサーの半量を搾ってかける。最後に塩(適量)をふったらできあがり。
    ※残り半量も同様に揚げ、残りのシークワーサーを搾り、塩をふって仕上げます。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年9月9日
料理名サーターアンダギー
料理人オカズデザイン 吉岡秀治・知子

こちらの「サーターアンダギー」もおすすめ!

塊の黒糖を刻んで生地に加えるのがポイント!小林まさみさんの「黒糖のサーターアンダギー」

まとめ

きょうの料理で紹介されたオカズデザイン 吉岡秀治・知子さんのサーターアンダギーのレシピを紹介しました。シークワーサーの爽やかな香りでおやつにもお酒のアテにもなる一品。160℃の低温の油でじっくりと揚げることがきれいに割れるポイントでした。ぜひ、参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


きょうの料理」で紹介されたレシピをまとめています。
よろしければこちらもご覧ください。


≫≫ドイツ発世界人気No.1ミールキットHelloFresh(ハローフレッシュ)
お申込み・詳細はこちら→ HelloFresh 公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次