《きょうの料理》井澤由美子「きゅうりの水キムチ」はじめての手仕事 “夏の恵みで保存食” (2022年7月18日)

きゅうりの水キムチ

2022年7月18日に放送されたきょうの料理で紹介された井澤由美子さんのきゅうりの水キムチのレシピです。

「きゅうりの水キムチ」井澤由美子

カロリー(全量)

140

kcal
塩分(全量)

13.6

g

きゅうりの水キムチは、まろやかな酸味が特徴の漬け汁もおいしく味わえる発酵食品です。夏の暑さでほてった体を冷やしてくれる見た目も味わいも涼やかな一品です。

材料(作りやすい分量)

  • きゅうり 大5本(600~700g)
    ≫≫塩 適量

  • ………
  • 塩 大さじ1½

  • はちみつ(または砂糖)小さじ2

  • ………
  • 水 カップ2½

  • 昆布(2×4㎝)2枚

  • 赤唐辛子(ヘタと種を除く)1本

  • にんにく(薄切り)3枚

  • 生姜(薄切り)3枚

  • 乳酸菌飲料(小)1本(80~100㎖)

作り方

  • きゅうりは、塩(適量)をまぶして手でこする。水洗いして水気を切る。
  • きゅうりの両端を少し切り落とし、縦半分にカットし、さらに長さを4等分にカットする。
    ※みずみずしさを楽しめるように少し大きめにカットしています。
  • きゅうりを清潔な保存容器に入れ、塩(大さじ1½)・はちみつ(小さじ2)を加えて軽く揉み込む。
  • 水(カップ2½)・昆布(2枚)・赤唐辛子(1本)・にんにくの薄切り(3枚)・生姜の薄切り(3枚)を加える。
  • さらに乳酸菌飲料(1本)を加える。
    ※本来は米のとぎ汁を使って発酵させますが、乳酸菌飲料を加えることで早く発酵しておいしくなります。
  • 蓋をして常温で一晩(6~8時間)おき、その後、冷蔵庫に2日間おいたらできあがり。

Notes

  • きゅうりの水キムチ:冷蔵庫で約1週間保存できます。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年7月18日
料理名きゅうりの水キムチ
料理人井澤由美子

はじめての手仕事「夏の恵みで保存食」紹介されたレシピ一覧

今月のはじめての手仕事は、井澤由美子さんの夏の恵みで保存食!みずみずしい夏の恵みを長持ちさせてフル活用するアイデア保存食を紹介してくれました。紹介されたレシピは、こちら↓


きょうの料理」で紹介されたレシピをまとめています。
よろしければこちらもご覧ください。→「きょうの料理」レシピ一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次