《きょうの料理》コウ静子「赤じそ茶梅のクッキー」はじめての手仕事 “梅仕事” 新しい梅の楽しみ (2022年6月7日)

赤じそ茶梅のクッキー

2022年6月7日に放送されたきょうの料理で紹介されたコウ静子さんの赤じそ茶梅のクッキーのレシピです。

「赤じそ茶梅のクッキー」コウ静子

Cooking time

35

minutes
カロリー(1枚分)

55

kcal
塩分(1枚分)

0.1

g

赤じそ茶梅のクッキーは、卵やバターは使わず甘さも控えめ!とっても軽やかな静子さんお気に入りのクッキーです。甘さ控えめのさっくり生地、フルーティーな茶梅の味わいがアクセントになっています。

※赤じそ茶梅のレシピは、こちら

材料(直径4.5㎝の丸型 16~18枚分)

  • 薄力粉 100g

  • アーモンドパウダー 35g

  • 赤じそ茶梅のシロップ 大さじ2⅔(40g)

  • なたね油 大さじ2½(35g)

  • ………
  • 赤じそ茶梅の赤じそ 適量

  • 赤じそ茶梅 1個

作り方

  • 薄力粉(100g)・アーモンドパウダー(35g)は、合わせて振るう。
  • ボウルに赤じそ茶梅のシロップ(大さじ2⅔)を入れ、なたね油(大さじ2½)を加え、泡立て器でとろっとするまでよく混ぜる。
  • 合わせてふるった薄力粉・アーモンドパウダーを加え、ゴムベラなどで混ぜる。
  • 生地がまとまってきたら丸めてラップで包み、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
  • 台に軽く薄力粉をふり、生地をめん棒で4~5㎜厚さに伸ばす。
  • 生地を型で抜き、オーブン用の紙を敷いた天板に並べる。
  • 固く絞った茶梅の赤じそを少量ずつ生地の上に広げてのせ、軽く指で押さえる。
  • 種を除いて粗く刻んだ赤じそ茶梅も少量ずつのせる。
  • 170℃に温めたオーブンで15~17分間ほど焼いたらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年6月7日
料理名赤じそ茶梅のクッキー
料理人コウ静子

はじめての手仕事「李映林とコウ静子 母と娘の梅仕事」紹介されたレシピ一覧

李映林さん&コウ静子さん母娘が梅への想いが詰まったレシピをたっぷりと紹介!1日めは、李映林さんが生まれ育った韓国の梅仕事と日本に来て知った昔ながらの梅干しを、2日めはコウ静子さんが主に台湾でお茶請けとして親しまれている「茶梅」とそのアレンジレシピを紹介してくれました。

きょうの料理」で紹介されたレシピをまとめています。
よろしければこちらもご覧ください。→「きょうの料理」レシピ一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる