《きょうの料理》白崎裕子「甘酒へたパン」はじめてのパン(2022年1月24日)

甘酒へたパン

2022年1月24日に放送されたきょうの料理で紹介された白崎裕子さんの甘酒へたパンのレシピです。

「甘酒へたパン」白崎裕子

カロリー(全量)

750

kcal
塩分(全量)

2.7

g

甘酒へたパンは、パン作りがヘタでも上手にできることから名付けられたユニークなネーミングの一品!甘酒を加えることでしっとりモチモチ、まるで天然酵母のような風味になります。

材料(作りやすい分量)

  • 強力粉 150g

  • ドライイースト 小さじ½

  • 甘酒(米麹/ストレートタイプ)110g ※約25℃に温めておく

  • 粗塩 小さじ½

  • 植物油(菜種サラダ油、または、ごま油(白))

    ※植物油・強力粉

作り方

  • ポリ袋に強力粉(150g)・ドライイースト(小さじ½)を入れ、空気を入れて口をねじり、軽く振って混ぜる。
  • 甘酒(110g)を加え、再び空気を入れて口をねじり、50回ほど粉っぽさがなくなるまで振る。
    ※甘酒を加えることでこねなくてもしっとり・モチモチのパンに!香ばしい香りも加わります。
  • 粗塩(小さじ½)を手ですりつぶしながら加え、植物油(小さじ2)を加え、袋の上から油がなじみ生地がまとまるまで5~6分間ほど両手でしっかりと揉む。
  • 生地に圧力をかけるために袋の空気をしっかりと抜いて口をねじってきつく結ぶ。冷蔵庫の野菜室に入れ、袋がパンパンにはるまで8~12時間おいて冷蔵発酵させる。
  • オーブン用の紙を天板と同じ大きさにカットし、その上に生地を置く。手に植物油を少しつけ、生地を1~1.5cm厚さに伸ばす。
  • 生地の左右を内側にたたんで軽く押さえ、さらに生地の手前と奥を内側にたたんで軽く押さえる。
  • 生地をひっくり返して折り目を下にして置き、上から大きめのボウルをかぶせて生地が1.5倍くらいの大きさになるまで温かい部屋で1時間ほどおいて仕上げ発酵させる。
    ※指に強力粉をつけて生地を軽く押してみて、戻ってくるまでに10秒間ほどかかれば発酵終了。
  • 生地を紙ごと天板にのせ、全体に強力粉(小さじ1)を茶こしでふる。
  • 190℃に余熱したオーブンで20分間ほど焼いたらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年1月24日
料理名甘酒へたパン
料理人白崎裕子

きょうの料理のレシピ

白崎裕子さんのその他のパン

かぼちゃ蒸しパンは、ほんのりとした甘さで食事パンにもおやつにもピッタリの一品です。かぼちゃのデンプンの働きでふんわりと仕上がります。

クイックごまパンは、ベーキングパウダーの力をかりて発酵要らず!ごまのプチプチ感と香ばしさがアクセントになったパパッとつくれるパンです。片栗粉を加えることで外はサクサク、ヨーグルトの効果で中はしっとりとした食感に仕上がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる