《きょうの料理》陳建太郎「たらの春巻」プロ直伝(2021年12月14日)

たらの春巻き

2021年12月14日に放送されたきょうの料理で紹介された陳建太郎さんのたらの春巻きのレシピです。

「たらの春巻」陳建太郎

Course: 中華Cuisine: 揚げ物

たらの春巻は、ふわっと蒸し焼き状態のたらが春巻きの皮と相性抜群!フィッシュアンドチップスのようなイメージでおかずとしてはもちろん、おつまみとしてもおすすめです。

材料(8本分)

  • 生だら(切り身/皮と骨を除く)250g

  • 酒 大さじ1

  • 水 大さじ1

  • 塩 小さじ½

  • こしょう 少々

  • ねぎ(青い部分/あれば)10㎝

  • 生姜(薄切り/あれば)適量
    ………

  • キャベツ ⅛個(150g)

  • もやし ¼袋(60g)

  • 塩 少々

  • ごま油 小さじ2
    ………

  • 春巻きの皮 8枚

  • 小麦粉 大さじ3

  • 水 大さじ2
    ………

  • ねぎ(みじん切り)½本分

  • サラダ油 大さじ3

  • 醤油 大さじ1½

  • 水 大さじ1

  • 砂糖 小さじ½

  • オイスターソース 小さじ½

  • こしょう 少々

  • ごま油 少々

    ※油・塩

作り方

  • 下ごしらえ・生だら
    生だらは、8等分にカットする。(6~7㎝長さ×2㎝角ほどの棒状が目安)
  • ボウルに移し、酒(大さじ1)・水(大さじ1)・塩(小さじ½)・こしょう(少々)を加える。ねぎの青い部分(あれば10㎝)をポキッと折って加え、生姜の薄切り(あれば適量)も加えて汁気がほぼなくなるまでもみ込む。
  • ねぎ・生姜を除き、たらの汁気を紙タオルでしっかりと押さえる。

    ………
  • 下ごしらえ・野菜
    キャベツは、6~7㎝長さの細切りにする。
  • 鍋に湯を沸かし、塩(少々)を加え、キャベツ・もやしをサッと茹で、ザルにあげ、水気をしっかりと切る。
  • 熱いうちに塩(少々)・ごま油(小さじ2)をふり、全体になじませ、そのまま冷ます。

    ………
  • 皮で巻く
    春巻きの皮をざらざらした面を上にして角が手前にくるように4枚ほどずらして重ねる。一番上の皮の中央より若干手前にタラ1切れを横にしておき、野菜の⅛量をタラに添えるようにおく。
  • 手前からひと巻きして中の餡が出ないようにしっかりと押さえる。もうひと巻きして、餡の左右をしっかりと押さえて中の空気を抜き、左右を折る。
  • 奥の二辺に小麦粉(大さじ3)と水(大さじ2)を混ぜ合わせたのりを塗り、あとは手前から向こう側へふんわりと巻いて、留める。

    ………
  • 揚げる
    フライパンに揚げ油(3~4㎝深さ)を170℃に熱し、春巻きを入れ、あまり春巻きに触らずに油をすくってやさしくかけてあげながら3~4分間、揚げる。
  • 春巻きを一度、取り出して油の温度を180~190℃に上げる。春巻きを入れ、1分間ほど揚げる。
  • 紙タオルを敷いたバットに斜めに立てかけて、油を切る。

    ………
  • ねぎだれ
    ねぎのみじん切りを耐熱ボウルに入れる。
  • 小さめのフライパンにサラダ油(大さじ3)を煙が少し出るまで中火で熱し、熱々の油をねぎに回しかける。
  • 醤油(大さじ1½)・水(大さじ1)・砂糖(小さじ½)・オイスターソース(小さじ½)・こしょう(少々)・ごま油(少々)を加え、よく混ぜ合わせる。

    ………
  • 春巻きをお皿に盛り付け、ねぎだれを添えたらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2021年12月14日
料理名たらの春巻
料理人陳建太郎

同日紹介された「五目春巻き」のレシピ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる