《きょうの料理》里芋まんじゅう(大原千鶴の小粋な季節の食卓)

里芋まんじゅう

2021年9月17日に放送されたきょうの料理で紹介された里芋まんじゅうのレシピです。

里芋まんじゅう(大原千鶴の小粋な季節の食卓)

里芋まんじゅう(大原千鶴の小粋な季節の食卓)

Course: 和風
カロリー(1人前)

210

kcal
塩分(1人前)

2.5

g

里芋まんじゅうは、里芋を満月に見立てた一品です。甘くなめらから里芋と甘辛く炒めた肉のそぼろをとろりとした餡がまとめています。

材料(2人分)

  • 里芋 2~3個(150g)

  • 塩 1つまみ
    ………

  • 牛切り落とし肉 50g

  • 酒 小さじ2

  • 砂糖 小さじ1

  • 醤油 小さじ2
    ………

  • だし カップ1

  • 薄口醤油 小さじ2

  • 青ゆずの皮 適宜

    ※片栗粉・揚げ油

作り方

  • 里芋まんじゅう
    鍋に皮付きのままの里芋とたっぷりの水を入れ、里芋を中火で茹でる。
  • 里芋に菜箸がスッと通るくらいまでしっかりと火が入ったら、取り出して粗熱を取る。
  • 里芋の皮をむく。
  • 皮をむいた里芋をボウルに入れ、塩(1つまみ)を加え、マッシャーで堅い部分がなくなって滑らかになるまでつぶす。
  • 牛切り落とし肉は、細かく刻む。
  • フライパンに牛肉・酒(小さじ2)・砂糖(小さじ1)・醤油(小さじ2)を入れ、中火で肉をほぐしながら炒めて火を通す。
  • まな板の上にラップを広げ、つぶした里芋の半量を平らな円形に伸ばす。その上に炒めた牛肉の半量をのせ、茶巾絞りのように包んで丸める。もう1個も同じように作る。
    ※ラップに包んだ状態で一度冷ました方が、この後の扱いが楽になります。
    ※ここまで作業しておくと、ラップに包んだ状態で冷蔵庫で2~3日保存することもできます。

    ………
  • 揚げる
    ラップを外し、里芋まんじゅう全体にまんべんなく片栗粉(適量)を薄くまぶしながら丸く形を整える。
  • 揚げ油を170℃に熱し、里芋まんじゅうを中火でうっすらときつね色に色づくまで揚げて、油を切る。

    ………

  • 火にかける前の小鍋にだし(カップ1)・薄口醤油(小さじ2)・片栗粉(大さじ1)を入れ、混ぜ合わせる。
  • 鍋を中火にかけ、絶えず混ぜながらとろみをつける。

    ………
  • 器に里芋まんじゅうを盛り付け、その上に餡をたっぷりとかける。あれば薄く削いだ青ゆずの皮をあしらってできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2021年9月17日
料理名里芋まんじゅう
料理人大原千鶴

大原千鶴の小粋な季節の食卓「名月を小粋に楽しむ」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる