《おかずのクッキング》夏野菜を食べる南蛮漬け(飛田和緒)

夏野菜を食べる南蛮漬け

2021年7月17日に放送されたおかずのクッキングで紹介された夏野菜を食べる南蛮漬けのレシピです。

夏野菜を食べる南蛮漬け(飛田和緒)

夏野菜を食べる南蛮漬け(飛田和緒)

夏野菜を食べる南蛮漬けは、暑さで食がすすまない日にもおすすめの夏野菜をたっぷりと使った海老の南蛮漬けです。作り置きもできて便利です。

材料(4~5分)

  • エビ(中)20尾
    ≫≫塩 小さじ⅓

  • ピーマン 1個

  • カラーピーマン(赤・黄色)各1個

  • 玉ねぎ(大)1個(300g)

  • にんじん 1本

  • 生姜(あれば新生姜)50g
    ………

  • 醤油 大さじ3

  • 酢 80㎖

  • 砂糖 大さじ2

  • だし汁 大さじ2

  • 赤唐辛子(種を取る)1~2本

    ※片栗粉・油

作り方

  • 下ごしらえ
    エビは背中に切り込みを入れ、背ワタを取り除く。エビに片栗粉(適量)をまぶし、よくもみ込んで汚れと臭みを取る。水洗いしてキッチンペーパーで水気をふき、塩(小さじ⅓)をふり下味をつける。
  • ピーマン・カラーピーマンは、ヘタと種を避けながら縦に削ぐように切る。さらに斜めにせん切りにする。
  • 玉ねぎは、薄切りにする。
  • にんじん・生姜は、せん切りにする。

    →切った野菜は、順にバットに入れていく。

    ………
  • 南蛮酢
    醤油(大さじ3)・酢(80㎖)・砂糖(大さじ2)・だし汁(大さじ2)を混ぜ合わせる。
  • 種を取った赤唐辛子を加える。

    ………
  • エビを焼く
    エビに片栗粉(適量)をたっぷりとまぶす。
  • フライパンに油(大さじ3)を熱し、エビを並べ入れて両面を焼き火を通す。

    ………
  • つける
    バットに入れた野菜の上にエビを油を切らずにのせる。南蛮酢をまわしかけ、常温で30分間ほどおく。
  • 上下を返してさらに10分ほどおいたらできあがり。このまま冷蔵庫で保存し、翌日食べてもおいしくいただけます。

Notes

  • アジ・ホタテなどの魚介や豚肉・鶏肉でも作れます。
  • セロリ・青じそ・みょうが・きゅうり・トマト・オクラ・ししとう・なすなどお好みの野菜を使ってもOK。

番組情報

番組名おかずのクッキング
放送日2021年7月17日
料理名夏野菜を食べる南蛮漬け
料理人飛田和緒

同日紹介された土井善晴さんの「冷やし中華」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる