《きょうの料理》たいのバター蒸し 木の芽添え(大原千鶴の小粋な季節の食卓)

2021年4月2日に放送されたきょうの料理で紹介されたたいのバター蒸し 木の芽添えのレシピです。

たいのバター蒸し 木の芽添え(大原千鶴の小粋な季節の食卓)

たいのバター蒸し 木の芽添え(大原千鶴の小粋な季節の食卓)

Course: 洋風Cuisine: 蒸し物

たいのバター蒸し 木の芽添えは、春を告げる魚の代表格、鯛をレンジで手軽にバター蒸しにした一品です。

材料(2人分)

  • 鯛(切り身)2切れ(180g)
    ≫≫塩 小さじ¼

  • 菜の花 適量
    ………

  • 酒 小さじ2

  • にんにく(薄切り)6枚

  • バター 20g
    ………

  • 薄口醤油 小さじ1

  • すだち(くし形に切る)適量

作り方

  • 下ごしらえ
    鯛の切り身は、大きい場合は1切れを半分にカットする。両面に塩(小さじ¼)をふり、30分ほどおき、出てきた水分をペーパーでふき取る。
  • 菜の花は、長ければ半分にカットする。

    ………
  • 蒸す ※ここからは、1人分ずつ作ります
    鯛の半量を皮目を上にして耐熱皿にのせる。酒(小さじ1)をふり、にんにくの薄切り(3枚)をのせる。バター(10g)をのせ、菜の花(適量)を横に添える。
  • ラップをふんわりとして電子レンジ(600W)で2~3分加熱する。
  • 薄口醤油(小さじ½)をかけ、木の芽をのせる。くし形に切ったすだちを添えたらできあがり。
    ※もう1人分も同様につくります。

Notes

  • 鯛にバターをのせることで火の通り加減のタイミングを計ります。バターが完全に溶けてから30秒ほどで中まで火が通ります。
  • 木の芽は、手のひらでポンと叩くとより香りが立ちます。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2021年4月2日
料理名たいのバター蒸し 木の芽添え
料理人大原千鶴

大原千鶴の小粋な季節の食卓(2021年4月)

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる