《きょうの料理》春のちらしずし(栗原はるみのおいしいのきっかけ)

2021年3月8日に放送されたきょうの料理で紹介された春のちらしずしのレシピです。

春のちらしずし(栗原はるみのおいしいのきっかけ)

春のちらしずし(栗原はるみのおいしいのきっかけ)

Course: 和風Cuisine: 寿司
カロリー(1人前)

520

kcal
塩分(1人前)

2.5

g

春のちらしずしは、好きな刺身をのせて自由に楽しめる彩りも華やかなちらしずしです。

材料(4人分)

  • 米 400㎖(カップ2)

  • 水 400㎖(カップ2)

  • 酢 カップ½

  • 砂糖 大さじ2

  • 塩 小さじ¾~1
    ………

  • 卵 3個

  • 砂糖 大さじ2

  • だし 大さじ3

  • 塩 少々
    ………

  • 刺身の盛り合わせ(まぐろ・サーモン・白身魚・ゆでだこなど)4人分

  • 貝割れ菜 1パック(50g)

  • もみのり 適量
    ………

  • 醤油 適量

  • 青じそ(せん切り)適宜

  • すだち(くし形切り)適宜

  • 白ごま 適宜

  • おろしわさび 適宜

作り方

  • すし飯
    米は洗ってざるに上げ、約15分間おいて水気を切る。
  • 炊飯釜に米・水(カップ2)を入れ、通常通りに炊飯する。
  • 酢(カップ½)・砂糖(大さじ2)・塩(小さじ¾~1)をよく混ぜ合わせ、すし酢をつくる。
  • 炊きたてのご飯にすし酢を加え、サックリと切るように混ぜる。布巾をかぶせて、冷ましておく。

    ………
  • 卵焼き
    ボウルに卵を割り入れ、よく溶きほぐす。砂糖(大さじ2)・だし(大さじ3)・塩(少々)を加え、よく混ぜ合わせる。
  • 卵液をザルでこす。
  • 卵焼き器にサラダ油(少々)を熱し、油を全体になじませてから卵液を一気に入れ、弱火にして蓋をし、5~6分間焼く。
    ※途中で火加減は、調整する。
  • ひっくり返して反対側を弱火で焼き、中まで火を通す。
    → 焼けたら粗熱をとっておく。

    ………
  • 具材の準備
    お好みの刺身(まぐろ・サーモン・白身魚・ゆでだこなど)を2㎝角を目安にカットする。
  • 貝割れ菜は、2~3㎝長さにカットする。
  • 粗熱の取れた卵焼きも、2㎝角にカットする。

    ………
  • 盛り付け
    器にすし飯をよそい、もみのり(適量)を散らす。
  • 刺身・卵焼き・貝割れ菜を彩りよくのせる。醤油(適量)と一緒に青じそのせん切り・すだち・白ごま・おろしわさびをお好みで添えたらできあがり。
番組名きょうの料理
放送日2021年3月8日
料理名春のちらしずし
料理人栗原はるみ

栗原はるみのおいしいのきっかけ(2021年3月)紹介されたレシピ一覧

あわせて読みたい
《きょうの料理》栗原はるみのおいしいのきっかけ(2021年3月)紹介されたレシピ一覧
《きょうの料理》栗原はるみのおいしいのきっかけ(2021年3月)紹介されたレシピ一覧2021年3月に放送されたきょうの料理の「栗原はるみのおいしいのきっかけ」は、春を楽しむ料理!クリームソースのロールキャベツと彩りも華やかなちらしずしが紹介されま...
よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる