《きょうの料理》レモンアイシングケーキ(舘野鏡子)

2021年2月24日に放送されたきょうの料理で紹介されたレモンアイシングケーキのレシピです。

レモンアイシングケーキ(舘野鏡子)

レモンアイシングケーキ(舘野鏡子)

Course: 洋風Cuisine: スイーツ

レモンアイシングケーキは、バターの程よい塩気とレモンの香りがアクセントになったさっぱりとした食感のスイーツです。シャリシャリとしたアイシングもまた美味!

材料(直径18㎝の丸型1台分)

  • バター(有塩)100g 

  • 砂糖 80g

  • はちみつ 20g

  • レモンの皮(国産)1個分

  • 薄力粉 120g

  • ベーキングパウダー 小さじ1

  • 卵 2個
    ………

  • 粉砂糖 50g

  • レモン汁 約小さじ2



  • 使用する調理器具
  • 直径18㎝の丸型(底が外れるタイプ)

作り方

  • 前準備
    ・型の表面をサッと水で濡らし、底と側面にオーブン用の紙を敷いておく。
    バター(100g)を常温で柔らかく戻しておく。
    薄力粉(120g)・ベーキングパウダー(小さじ1)を混ぜ合わせ、ふるっておく。
    (2個)を溶きほぐし、45℃の湯に卵を入れた容器を浸け人肌に温めておく。
    ・オーブンは200℃に温めておく。

    ………
  • 生地をつくる
    直径20㎝ほどのボウルにバターを入れ、ハンドミキサーの低速でマヨネーズより少し固いかな程度まで混ぜる。
  • 砂糖(80g)・はちみつ(20g)を加え、ハンドミキサーの中~高速で白っぽくなるまで2分間ほど混ぜる。
  • レモンの皮(1個分)をすりおろして加える。
    ※レモンの皮は、仕上げ用に少量残しておく。
  • 混ぜ合わせてふるっておいた薄力粉・ベーキングパウダーの半量を加え、最初はスイッチを入れずにハンドミキサーで混ぜて粉をなじませてから低速にして粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  • 卵を3~4回に分けて少しずつ加え、ハンドミキサーの中速でなめらかになるまで混ぜる。
  • 残しておいた薄力粉・ベーキングパウダーをふるったもの加え、ゴムべらで艶がでるまでしっかりと混ぜる。

    ………
  • 生地を焼く
    準備しておいた型に生地を流し入れ、小さめのスプーンの背を使い生地を型全体に伸ばし表面をならす。最後に生地の中央を少しくぼませる。
  • 天板にのせ、オーブン(200℃)で10分間焼く。
    → その後、温度を180℃に下げて15~25分間焼く。
    ※焼き上がりの目安は、中央に竹串を刺して生地がついてこないこと。
  • 型の上に乾いた布巾を2枚重ねてのせ、30~40分間おいて粗熱を取る。

    ………
  • レモンアイシング
    粉砂糖(50g)にレモン汁(約小さじ2)を様子を見ながら加えて混ぜ、とろりとした状態にする。

    ………
  • 仕上げ
    ケーキを型から取り出して紙をはがし、オーブン用の紙にのせる。
  • ケーキにレモンアイシングをかけ、スプーンの背で上面全体にやさしく伸ばす。残しておいたレモンの皮を散らす。表面が少し乾いたらできあがり。

Notes

  • 生地に最初は粉を半量加え、さらに温めた溶き卵を加えることで分離しにくく食感も軽く仕上がります。
  • 生地の中央を少しくぼませて焼くことで焼きあがったときに中央が膨らみすぎずにちょうどいい具合にヒビが入って仕上がります。
  • 乾いた布巾をのせて粗熱を取ることでパサつき防止になります。
番組名きょうの料理
放送日2021年2月24日
料理名レモンアイシングケーキ
料理人舘野鏡子

いちおしスイーツ!舘野鏡子さんの国産レモンスイーツ(2021年2月24日)

あわせて読みたい
《きょうの料理》いちおしスイーツ!舘野鏡子さんの国産レモンスイーツ(2021年2月24日)紹介されたレシ...
《きょうの料理》いちおしスイーツ!舘野鏡子さんの国産レモンスイーツ(2021年2月24日)紹介されたレシ...2021年2月24日に放送されたきょうの料理は、いちおしスイーツ!今回は、今が旬の国産レモンのおいしさをまるごと味わえるスイーツを舘野鏡子さんが紹介してくれました。...
よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる