《きょうの料理》牛すじみそ煮込み(父さんのきょうからキッチン:堀江ひろ子)

2021年2月16日に放送されたきょうの料理で紹介された牛すじみそ煮込みのレシピです。

牛すじみそ煮込み(父さんのきょうからキッチン:堀江ひろ子)

牛すじみそ煮込み(父さんのきょうからキッチン:堀江ひろ子)

Course: 和風Cuisine: 煮込み
カロリー(1人前)

160

kcal
塩分(1人前)

1.4

g

牛すじみそ煮込みは、牛すじ肉に味噌と野菜を加えて煮込んだ具沢山の一品です。

材料(3~4人分)

  • 牛すじ肉 300g

  • ねぎ(青い部分)1本分

  • 生姜(皮ごと薄切り)1かけ分

  • 酒 大さじ2
    ………

  • こんにゃく ½枚(100g)

  • ごぼう ⅓本(50g)

  • にんじん ½本(80g)
    ………

  • 砂糖 大さじ1

  • 味噌 大さじ1

  • 酒 大さじ2
    ………

  • 味噌 大さじ1

  • みりん 小さじ1

  • 醤油 小さじ1
    ………

  • ねぎ(白い部分)5㎝

  • 粉山椒(または七味唐辛子)適宜

作り方

  • 牛すじ肉の下ごしらえ
    大きめの鍋に牛すじ肉・水を入れ、強火にかける。沸騰したら中火にして途中でアクは取らずに10分間下茹でする。
  • 下茹でした牛すじ肉を水に落とし、よく洗ってアクを取る。
  • 牛すじ肉を食べやすいように薄切りにする。切った牛すじ肉を何度か水を替えながらもう一度きれいに洗い、アクや脂を取り除き、水気を切る。
  • 鍋に水気を切った牛すじ肉・たっぷりかぶるくらいの水・ねぎの青い部分(1本分)・皮ごと薄切りにした生姜(1かけ分)・酒(大さじ2)を加え、強火にかける。沸騰したら中火にして1時間30分~2時間茹でる。
    ※途中で水が足りない場合は、足す。
  • 牛すじ肉がやわらかくトロトロになったらザルにあけ、ねぎ・生姜を取り除く。
    ※茹で汁は、コラーゲンたっぷりなので後で煮る時に加えて使います。

    ………
  • その他の具材の準備
    こんにゃくは縦に3等分に切り、棒状にする。棒状に切ったこんにゃくを指でちぎる。鍋に湯を沸かしてこんにゃくを中火で1~2分間茹で、ザルにあげる。
  • ごぼうはよく洗い、皮付きのまま乱切りにする。
  • にんじんは、乱切りにする。

    ………
  • 煮込む
    鍋にこんにゃく・ごぼう・にんじん・牛すじ肉を入れ、牛すじ肉の茹で汁と水を好みの量で合わせてカップ2にしたものを注ぎ入れる。
    ※今回、番組内では水1カップ+茹で汁1カップで使用。
  • 火にかけ、弱めの中火で野菜がやわらかくなるまで15分間ほど煮る。
  • 砂糖(大さじ1)・味噌(大さじ1)・酒(大さじ2)を加え、煮汁がほとんどなくなるまで10分間ほど煮る。

    ………
  • 仕上げ
    味噌(大さじ1)にみりん(小さじ1)・醤油(小さじ1)を加えて伸ばす。
  • みりん・醤油で伸ばした味噌を鍋に加え、やさしく混ぜながらひと煮立ちして火を止める。
  • ねぎの白い部分を小口切りにし、5分間ほど水にさらして水気を切り、さらしねぎにする。
  • 牛すじ煮込みをお皿に盛り付け、さらしねぎをのせる。お好みで粉山椒をふりかけたらできあがり。

Notes

  • 下ごしらえの終わった牛すじ肉は、冷凍すれば1か月ほど保存可能。カレーなどいろいろな料理に使えます。
  • こんにゃくは指でちぎることで断面が凸凹になり味が入りやすくなります。
  • 味噌を2回に分けて加えることで味がしみこみ、香りも引き立ちます。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2021年2月16日
料理名牛すじみそ煮込み
料理人堀江ひろ子

堀江ひろ子さんの父さんのきょうからキッチン(2021年2月)紹介レシピ一覧

タイトルとURLをコピーしました