《おかずのクッキング》ねぎ味噌おでん(土井善晴)

2021年2月13日に放送されたおかずのクッキングで紹介されたねぎ味噌おでんのレシピです。

ねぎ味噌おでん(土井善晴)

ねぎ味噌おでん(土井善晴)

Course: 和風Cuisine: 鍋物

ねぎ味噌おでんは、滋賀県で出会った土井先生思い出の味だというねぎ味噌でいただく鍋仕立てのおでんです。鍋の〆は、土井流の雑炊で!

材料


  • ねぎ味噌
  • 青ねぎ 120g

  • 赤味噌 50g

  • 砂糖 大さじ1


  • おでん
  • こんにゃく 適量

  • 大根 適量

  • 里芋 適量

  • ぎんなん 適量

  • うずらの卵 適量

  • 鶏もも肉 適量

  • 長ねぎ 適量

  • 焼き豆腐 適量
    ………

  • 昆布(10㎝角)1枚

  • 水 適量


  • 〆の雑炊
  • 鍋のあとのだし 適量

  • 冷やご飯 適量

  • 塩 適量

  • 卵 1個
    ………

  • ねぎ味噌 お好みで

作り方


  • ねぎ味噌
  • 小口切りにした青ねぎ(120g)をすり鉢に入れ、なめらかになるまで10~15分間する。
  • 赤味噌(50g)・砂糖(大さじ1)を加え、さらにすり合わせる。


  • おでん
  • 具材の準備
    こんにゃくは、1㎝厚さの短冊に切る。切込みを入れて手綱にして下茹でして、串を刺す。
  • 大根は2㎝厚さの半月切りにする。やわらかく下茹でして、串を刺す。
  • 里芋は茹でて皮をむき、半分の厚さにカットする。串を刺す。
  • ぎんなんは茹でて薄皮をむき、串を刺す。
  • うずらの卵は4分ほど茹でて殻をむき、串を刺す。
  • 鶏もも肉・長ねぎは一口大に切り、串に刺しねぎまにする。
  • 焼き豆腐は横幅を4等分にカットして、それぞれに串を2本刺す。

    ………
  • 煮る
    鍋に昆布(1枚)・水(適量)を加え、火にかける。具材を入れて中火でゆっくりと温め、煮立ってきたらアクを取る。ひと煮立ちして具材に火が通ればOK。
  • 鍋から具材を取り出し、ねぎ味噌をつけていただきます。


  • 〆の雑炊
  • 鍋に残っただしに冷やご飯(適量)・塩(適量)を加えて煮る。
    ※冷やご飯は、洗わずに加えることでコクを生かしています。あまりご飯をほぐさずに煮るのも土井流!
  • 煮立ってきたら煮立ったところをめがけて溶いた卵を少しずつく入れ、火を止めて余熱で火を通す。
  • 器に盛り付け、お好みでねぎ味噌を加えていただきます。

Notes

  • ねぎ味噌に加える味噌は、お好みの味噌でOK。ねぎ味噌は、焼いた肉・コロッケ・雑炊。ふろふき大根・茹でた芋などいろいろな料理に合います。冷蔵庫で保存もできます。

番組情報

番組名おかずのクッキング
放送日2021年2月13日
料理名ねぎ味噌おでん
料理人土井善晴

同日紹介された笠原将弘さんの「菜の花回鍋肉」のレシピ

タイトルとURLをコピーしました