《きょうの料理》笠原将弘「カステラ卵」幸せになるおせちとごちそう(2022年12月12日)

カステラ卵

2022年12月12日に放送されたきょうの料理で紹介された笠原将弘さんのカステラ卵のレシピです。

目次

笠原将弘さんの「カステラ卵」のレシピ

今週のきょうの料理では、「笠原将弘の幸せになるおせちとごちそう」と題してハレの日の食卓にぴったりのレシピを2日間に渡って卓越したセンスから生み出される料理が人気の日本料理店店主 笠原将弘さんが紹介してくれました。

笠原さんのお店のおせちの中でも人気の高いカステラ卵は、かろやかな口当たりで上品な甘さが特徴の一品です。巻いて作るのがなかなか難しいだて巻き卵を簡単にできないかと思って考案したというカステラ卵は、市販の白身魚のすり身と溶き卵でつくります。溶き卵は数回に分けて加え、なめらかな口当たりにするのがポイントです。材料はだて巻きとほぼ同じですが、型に流し入れて蒸すので失敗なし!の一品です。

≫≫ 笠原将弘さんレシピ

カステラ卵

材料(22×8×高さ6㎝のバウンド型1台分)

  • 白身魚のすり身(市販)100g

  • 溶き卵 4個分

  • ………
  • みりん 大さじ4

  • 砂糖 30g

  • 塩 少々

作り方

  • 白身魚のすり身(100g)をフードプロセッサーに入れ、溶き卵(4個分)を数回に分けて加え、その都度なめらかになるまで撹拌する。
  • みりん(大さじ4)・砂糖(30g)・塩(少々)を加え、さらに撹拌する。
  • 攪拌した生地をザルでこし、より滑らかにする。
  • パウンド型(22×8×高さ6㎝)にラップを敷き、ザルでこした生地を全量流し入れる。ゴムベラで表面をならし、型ごと台に軽く数回落として空気を抜く。
  • 蒸気の上がった蒸し器に入れ、水滴が中に入らないように型の上に箸2本をのせて紙タオルをかぶせる。
  • 蓋をして弱火~中火で20~30分間ほど蒸す。
    ※竹串を刺してみて何もついてこなければ蒸し上がり。
  • 粗熱を取ってから型から出し、ラップを外して食べやすく切り分けたらできあがり。

番組情報

番組名きょうの料理
放送日2022年12月12日
料理名カステラ卵
料理人笠原将弘

笠原将弘の幸せになるおせちとごちそう

2022年12月12日・13日に放送されたきょうの料理では、「笠原将弘の幸せになるおせちとごちそう」と題して年に一度、大切な人の喜ぶ顔を思い浮かべながらつくる「おせち」や「ごちそう」といったハレの日の食卓にぴったりのレシピを笠原将弘さんが紹介してくれました。

まとめ

きょうのの料理で紹介された笠原将弘さんのカステラ卵のレシピを紹介しました。市販の白身魚のすり身と溶き卵でつくるかろやかな口当たりで上品な甘さが特徴の一品です。ぜひ、参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・ドラマ・アニメなど22万本以上の見放題動画を抱えた国内最大級の動画配信サービス!
国内や海外の映画やドラマ、アニメなどの動画の他、漫画や雑誌など書籍を読むこともできます。

料理に関する動画では「DAIGOも台所〜きょうの献立何にする?〜」や「あさイチ(※過去2週間分)」を見ることができます。

31日間無料で視聴できる無料トライアル期間もありますので気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次