《キューピー3分クッキング》えびとほうれん草のラビオリ(石原洋子)

2021年1月15日に放送されたキューピー3分クッキングで紹介されたえびとほうれん草のラビオリのレシピです。

えびとほうれん草のラビオリ

えびとほうれん草のラビオリ

Course: 洋風Cuisine: ラビオリ
カロリー(1人前)

289

kcal
塩分(1人前)

1.6

g

えびとほうれん草のラビオリは、パスタの代わりにワンタンの皮を使うことで簡単に作ることができるクリームトマトソースでいただくラビオリです。

材料(4人分)

  • ほうれん草 1わ(200g)
    ≫≫塩 少々

  • むきえび 150g
    ≫≫片栗粉 少々

  • パルメザンチーズ(おろしたもの)大さじ4

  • 塩 ひとつまみ

  • こしょう 少々
    ………………

  • ワンタンの皮 30枚
    ………………

  • トマト ½個(75g)

  • 生クリーム ½カップ

  • 塩 小さじ⅓

  • こしょう 少々
    ………………

  • 湯 1.5ℓ

  • オリーブ油 大さじ1

  • 塩 大さじ½
    ………………

  • パルメザンチーズ 適量

作り方

  • 具材を作る
    ほうれん草は1㎝長さにカットし、茎と葉先に分ける。沸騰した湯に塩(少々)を加え、茎→葉先の順に入れてサッと茹でたらザルにあげ、粗熱を取っておく。
  • むきえびは背ワタがあれば取り除き、片栗粉(少々)をまぶしもんでから流水で洗い流す。ペーパーでしっかりと水気を拭き取り、細かく刻む。
  • ボウルに水気を絞ったほうれん草・刻んだむきえび・パルメザンチーズ(大さじ4)・塩(ひとつまみ)・こしょう(少々)を加え、よく混ぜ合わせる。
  • 15等分にして軽く握って丸めておく。

    ………………
  • 具材を包む
    ワンタンの皮を1枚、内側(粉が付いている方)を上にして置き、真ん中に丸めた具材をひとつのせる。もう1枚のワンタンの皮の内側の縁に水をつけ、角をずらしてかぶせ、空気をぬきながら具材を包み、しっかりと皮と皮をくっつける。全部で15個つくる。

    ………………
  • トマトソース
    トマトは5㎜角にカットし種を除く。
  • 鍋に生クリーム(½カップ)を入れ、弱火にかける。煮立ってきたらトマト・塩(小さじ⅓)・こしょう(少々)を加え、ひと煮する。

    ………………
  • ラビオリを茹でる(1人分ずつ)
    鍋に湯(1.5ℓ)を沸かし、オリーブ湯(大さじ1)・塩(大さじ½)を加える。ラビオリを盛り上がっている方を下にしてくっつかないように入れ、約4分茹でる。

    ………………
  • 茹で上がったラビオリの水気を切ってお皿に盛り付け、トマトソースをかける。パルメザンチーズをふりかけたらできあがり。

Notes

  • ラビオリを作るときワンタンの皮と皮がしっかりとくっついていないと茹でているときに中の具材が出てきてしまうので気をつけましょう。

番組情報

番組名キューピー3分クッキング
放送日2021年1月15日
料理名えびとほうれん草のラビオリ
料理人石原洋子
タイトルとURLをコピーしました