《おかずのクッキング》鮭ときのこの米粉まぶし焼き(ウー・ウェン)

魚・海鮮料理
スポンサーリンク

2020年11月21日に放送されたおかずのクッキングで紹介された鮭ときのこの米粉まぶし焼きのレシピです。

鮭ときのこの米粉まぶし焼き

鮭ときのこの米粉まぶし焼きは、鮭ときのこを使い手軽につくれるご飯にぴったりの一品です。

スポンサーリンク

 

材料(2~3人分)


☑ 生鮭(切り身)2切れ
≫≫ こしょう 少々
≫≫ 酒 大さじ2
≫≫ 塩 小さじ⅓
≫≫ 米粉 大さじ2


☑ 椎茸 4枚
☑ 舞茸 100g

◎太白ごま油(なければサラダ油) 大さじ1


☑ 黒酢 大さじ1
☑ 醤油 大さじ1½

 

作り方

STEP.1 下ごしらえ

① 生鮭は、一口大にカットする。こしょう(少々)・酒(大さじ2)・塩(小さじ⅓)の順にひとつずつまぶし、下味をつける。

② 鮭に米粉(大さじ1)をまぶす。

③ 椎茸は、軸を切り取り半分にカットする。

④ 舞茸は、存在感が残るように大きめに裂く。

STEP.2 飛龍頭

⑤ フライパンに太白ごま油(大さじ1)をしき、鮭を皮目を下にして並べ入れる。火をつけ、触らずに鮭の皮目を香ばしく焼く。

⑥ 鮭の下⅓が白くなったら裏返し、鮭の上に椎茸・舞茸を加え、蓋をしてキノコが持つ水分で3分蒸し焼きにする。

STEP.3 合わせ調味料

⑦ 蒸し焼きにしている間に黒酢(大さじ1)・醤油(大さじ1½)を混ぜ合わせておく。

STEP.4 仕上げ

⑧ フライパンに合わせ調味料を加え、少し火を強め水分を飛ばしながら焼く。香りが出てきたら全体を混ぜタレを絡めたらできあがり。

Note
  • 米粉をまぶすことで水分が閉じ込められ鮭がふっくらと仕上がり、お米の香ばしさも加わります。冷めてもあまりかたくならないのも特徴です。
  • 鮭を入れてから火を漬けた方が皮が縮みにくくなります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました