《ひるまえほっと》さわらの酢じめ焼き(かんたんごはん:藤田真央)

2020年9月30日に放送されたひるまえほっとで紹介されたさわらの酢じめ焼きのレシピです。

さわらの酢じめ焼き

さわらの酢じめ焼きは、定番の西京焼きや塩焼きと異なりお酢でさっぱりと食べられる焼き魚です。お酢の効果で冷めてもしっとりやわらかくいただけます。

 

材料(2人分)


☑ さわら(切り身)2切れ
≫≫ 塩 適量
☑ みょうが 1個


☑ 米酢 200㎖
☑ 砂糖 大さじ1

 

作り方

STEP.1 下ごしらえ

① さわらの両面に塩をたっぷりとふり、15分ほどおいて塩じめにする。

② みょうがは縦半分にカットし、サッと湯通しする。

STEP.2 酢じめ

③ バットに米酢(200㎖)・砂糖(大さじ1)を入れ、湯通ししたみょうがを漬ける。

④ さわらの塩を洗い流し、しっかりと水分を拭いてからバットの酢の中に入れる。ペーパータオルなどをかぶせ、少ない酢でも魚全体にいきわたるようにする。さわらを酢に漬けすぎると酸っぱくなるので表面が白っぽくなったら取り出す。

STEP.3 焼く

⑤ フライパンを熱し、さわらの酢をふきとり皮面から強火で焼く。ひっくり返し反対の面も焼く。(酢の効果で身がつきにくいので油はひかなくてOK)

⑥ 焼いたさわらをお皿に盛り付け、みょうがの水けをふき取り添えたらできあがり。

 

Note
  • 新鮮な魚は血合いが鮮やかなピンク色!さわらを切り身で買う場合は、そのようなものを選ぶのがポイント!
  • さわらを塩じめにすることで、魚の臭みと余分な水分が抜け、酢に漬けたときに身が崩れるのも防げます。
  • みょうが以外にもピクルス感覚で使えるキュウリやパプリカ、カブなどを添えものに使ってもOK。
  • 米酢以外にも穀物酢などお好みの酢でOK。すし酢を使う場合は、砂糖は加えない。
  • さわらの他にもアジやサバなど他の白身魚もおすすめ。

 

タイトルとURLをコピーしました