《キューピー3分クッキング》バスク風チーズケーキ(若山曜子)

2020年5月16日に放送されたキューピー3分クッキングで紹介されたバスク風チーズケーキのレシピです。

Contents

バスク風チーズケーキ

バスク風チーズケーキは、混ぜて焼くだけととても簡単なのにリッチな味わいに仕上げたチーズケーキです。外側はこんがり焼けたキャラメル味、中はクリーミーでなめらかな絶妙な味わいの一品!

 

材料(直径15㎝の丸型1台分)


☑ プレーンヨーグルト 80g
☑ クリームチーズ 200g
☑ グラニュー糖(砂糖)70g
☑ 卵 2個
☑ 生クリーム 200㎖
☑ 薄力粉 大さじ1

 

作り方

STEP.1 下準備

① ボウルの中にペーパータオルを敷いたザルをのせ、そこにプレーンヨーグルトを入れ冷蔵庫に1時間ほどおき水きりをする。

だいたい半量の40gになるまで水きりをする。水気をきり過ぎた場合は、きった水分を戻して40gにします。

② オーブンペーパー(30㎝×30㎝)を水で軽く濡らしてやわらかくしてから直径15㎝の丸型にまるごと敷く。

STEP.2 生地をつくる

耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、電子レンジ(500W)に40秒ほどかけてやわらかくする。

クリームチーズにグラニュー糖(70g)を加え、泡立て器でなめらかになるまでしっかりとしっかりと混ぜ合わせる。

ここでクリームチーズがダマになってしまうとなめらかなケーキにならないのでしっかりと混ぜるのがポイント!

溶き卵を2回に分けて加え、しっかりと混ぜ合わせる。

水をきったヨーグルトを加えてさらに混ぜ合わせる。

生クリーム(200㎖)を2~3回に分けて加えながら混ぜ合わせる。

薄力粉(大さじ1)を加えダマにならないように粉けがなくなるまで混ぜる。

 

STEP.3 焼く

オーブンペーパーを敷いた型に生地を流し込み、220℃(火力の強いオーブン)~230℃(電気オーブン)で30分焼く。

STEP.4 冷やす 

焼きあがった生地はとてもやわらかいので型に入れたまま粗熱をとり、そのまま冷蔵庫で2時間以上冷やす。

できれば一晩冷やしたらおいしくいただけます。

生地がやわらかいのでオーブンペーパーにのせたままカットしお皿に盛り付けたらできあがり。

粗塩と粗びき黒こしょうを少しふるとワインとも相性抜群です。

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる