《上沼恵美子のおしゃべりクッキング》だし巻卵のすまし仕立て(岡本健二)

2020年4月30日に放送された上沼恵美子のおしゃべりクッキングの「卵料理」として紹介されただし巻卵のすまし仕立てのレシピです。

だし巻卵のすまし仕立て

だし巻卵のすまし仕立ては、出汁をかけて食べるだし巻卵です。タコが入っており、まるで明石焼きのような味わいを楽しめます。

 

材料(2人分)


☑ ゆでだこ(足)50g

卵生地
☑  卵 3個
☑  小麦粉 大さじ4
☑  だし 150㎖
☑  みりん 大さじ½
☑  酒 大さじ½
☑  薄口醤油 小さじ1
☑  紅しょうが(粗みじん切り)10g

かけ出汁
☑  だし 300㎖
☑  みりん 大さじ1
☑  薄口醤油 大さじ1


☑  青ねぎ(小口切り)1本
☑  七味唐辛子 適量

 

作り方

 

STEP.1 下ごしらえ

1. ゆでだこは、薄く切ってから5㎜角くらいにカットする。

2. 紅しょうがは、みじん切りにする。

3. 青ねぎは、小口切りにする。

STEP.2 卵生地をつくる

4. ボウルに小麦粉(大さじ4)・だし(150㎖)を入れ、ダマができないようによく混ぜ合わせる。みりん(大さじ½)・酒(大さじ½)・薄口醤油(小さじ1)を加え混ぜて生地をつくる。

5. 別のボウルで卵をしっかりと溶きほぐす。

6. 溶いた卵を生地を合わせ、粗みじん切りにした紅しょうがを加え混ぜ合わせる。

 

STEP.3 かけ出汁をつくる

7. 鍋にだし(300㎖)・みりん(大さじ1)・薄口醤油(大さじ1)を入れ、ひと煮立ちさせる。

 

STEP.4 焼く

8. 卵焼き鍋に油をひき熱したら、お玉1~2杯分の卵生地を入れ少し固まってきたらタコを散らす。

9. 焼けてきたら卵を奥側から回転させながら手前に向けて巻いていく。手前まですべて巻けたら空いたスペースに油をぬり、卵を手前から奥に移動。手前の空いたスペースにも油をぬり、2杯目の卵を追加して焼き目がついたら再び回転させながら巻いていく。これを卵生地がなくなるまで繰り返す。

少し焼き目をつけるように焼くのがポイント!

STEP.5 仕上げ 

10. 焼いた玉子を巻きすだれで巻いて形を整えてから、半分に切ってお椀に盛り付ける。

11.  玉子の上に青ねぎを添え、熱々のかけ出汁を注ぎ入れる。七味唐辛子を適量ふりかけたらできあがり。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました