《上沼恵美子のおしゃべりクッキング》鶏のかき玉丼(岡本健二)

2020年4月27日に放送された上沼恵美子のおしゃべりクッキングの「卵料理」として紹介された鶏のかき玉丼のレシピです。

目次

鶏のかき玉丼

今週のテーマは、卵料理!鶏のかき玉丼は、だしにとろみをつけてから溶き卵を加えることでかき玉あんをふんわりと仕上げています。

 

材料(2人分)

☑  鶏もも肉 200g
≫≫  塩 適量
≫≫  黒こしょう 適量
☑  長ねぎ ½本

◎油 適量

◇かき玉あん
☑  卵 2個
☑  だし 400㎖
☑  塩 小さじ⅓
☑  みりん 大さじ1⅔
☑  薄口醤油 大さじ1
☑  水溶き片栗粉 適量


☑ ご飯 適量
☑  青ねぎ(小口切り)1本
☑  もみ海苔 適量
☑  粉山椒 適量

 

作り方

STEP.1 下ごしらえ

1. 鶏もも肉は、2㎝角に切りそろえる。切った鶏肉に適量の塩・黒こしょうをふりかけておく。

2. 長ねぎは、表面に切り込みを入れ、2㎝長さにカットする。

STEP.2 鶏肉・長ねぎを焼く

3. フライパンで適量の油を熱し、鶏肉・長ねぎを焼き、一度取り出しておく。

STEP.3 かき玉あん

4. 鶏肉とねぎの旨味が移った油は残したまま、フライパンにだし(400㎖)・塩(小さじ⅓)・みりん(大さじ1⅔)・薄口醤油(大さじ1)を加えてひと煮立ちさせる。

5. 卵を切るようにしっかりと混ぜて溶き卵をつくる。お箸で持ち上げられないくらいさらさらがベスト!

6. 調味料を加えてひと煮立ちさせただしに適量の水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

7. 溶き卵を加えて、ある程度黄色い状態に卵が固まってきたら全体に混ぜながらふわっと仕上げる。

溶き卵は、玉じゃくし(穴のあいたお玉)を使って、まわし入れるときれいに仕上がります。

STEP.2 仕上げ

8. 器にご飯をよそい、その上に適量のもみ海苔を散らす。

9. 焼いた鶏肉と長ねぎをのせ、上からかき玉あんをたっぷりとかける。

10. 最後に小口切りにした青ねぎを散らし、粉山椒を添えたらできあがり。

 

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる